茨城県 取手市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 取手市のご紹介

取手市は茨城県南部にあり、東京までは約40km、県庁所在地の水戸市までは約60kmの場所に位置しています。東京まで約60分という利便性を活かして、東京のベットタウンとして開発されています。人口は105,447人、アクセス方法は鉄道では関東鉄道常総線、自動車では常磐自動車道の利用が便利となっています。古くは水戸街道の宿場町であったことから、それに関連している史跡や文化財が多数存在しています。主な観光名所には、取手市で唯一の国指定重要文化財である「龍禅寺三仏堂」です。こちらの三仏堂で平将門が生まれた、三仏堂を寄進したと伝えられている平将門ゆかりのお堂となっています。室町時代後期の建築物となり、建築史上でも貴重なものだと言われています。また養老2年創建で指定文化財であり、取手一古い由緒を伝える「白山神社本殿」は、22枚の棟札が残っており、屋根の吹き替えや修復といった歴史を知るためにとても貴重な資料でもあります。「大日山古墳」は県の史跡に指定されており、周りには古い石碑や石仏があり、朝日を拝むのに適した場所にあります。残り火で餅を焼いて食べることで無病息災を願う、「どんど祭り」も有名です。利根川と小貝川の豊かな水と肥えた土壌に恵まれた取手市は、名産品も豊富に揃っています。地元のものは地元で消費する「地産地消」を推進しており、地元名産の農産物であるイチゴやぶどう、柿などは鮮度が抜群となっています。キリンビール株式会社の工場もあり、ハートランドビールは取手工場のみの製造となっているため人気が高い商品です。

取手市がおすすめする人気の特産品・返礼品

バナナの果肉のみを乾燥して、粒子状にしたものを配合飼料に混ぜて与えたことで、バナナの栄養と豚特有の獣臭さが少なく、脂肪分に甘みが増していることが特徴の「バナナポーク」を使用した返礼品が人気となっています。またおすすめの返礼品は、有数の米所である取手市が作った取手市産のコシヒカリ、甘納豆やあられ、お煎餅といった特産品と取手市の名産品として人気の高い新六の奈良漬け詰め合わせた「取手市ふるさとセット」となります。

取手市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、以下の事業に活用致します。1.未来を担う子どもたちを応援する事業、2.地域で健康を支え合い、福祉の町づくりのための事業、3.身近な自然環境を保全するための事業、4.安心安全で住みやすい町づくりのための事業、5.歴史や文化、芸術活動を振興するための事業、6.産業の振興並びに地域の活性化を図るための事業、7.上記以外で、個性豊かな活力あふれるふるさと作りと、地域全体の活性化を図るための市長が必要だと認めた事業です。

茨城県 取手市の返礼品ページ

茨城県 取手市のホームページ
https://www.city.toride.ibaraki.jp/kurashi/furusatokifukin/index.html