茨城県 桜川市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

茨城県 桜川市のご紹介

茨城県桜川市(さくらがわし)は県の西部地域に位置する市で市の北部地域は商業が盛んで、南側は筑波山、東部にある雨引観音は安産・子育てとして有名です。気候的には年間を通じて比較的温暖で市名の由来は市内を流れて霞ヶ浦へ注ぐ河川の桜川にちなんでいます。なお隣接する市町村は県内の石間市、笠間市、筑西市、つくば市そして栃木県の真岡市、芳賀郡茂木町、益子町になります。市の主な経済基盤は産業、農業、商業、窯業、石材業で北部の羽黒地域と南部の真壁地域は共に日本を代表する採石地のため、石材業が盛んであります。また真壁地域は「日本における三大石材の産地」と言われ、作り出される真壁の御影石をさらに加工した「真壁の石燈籠」は日本の伝統工芸品となっております。交通アクセスはJR水戸線が走り、市内の中心位置にある岩瀬駅をはじめとして羽黒駅、大和駅の3つの駅があります。バスは以前に真壁駅とつくば市及び土浦市を結ぶ路線バスが走っていたが、2011年3月で運行を終了し、この年の4月からは筑西市と日々、運行している路線及び高速バスの路線を保有しない市になりました。高速道路は北関東自動車道の桜川筑西インターがあり、主要国道は50号線があり、県道は7号線、14号線をはじめとして数多くが市内に張り巡らされています。また市内の観光スポットは雨引観音や真壁場址、真壁の町並みなどがあり、石材以外の名産品にはトマトやキュウリ、赤肉メロンなどがあります。なお市内総人口は2017年10月現在で41,278人となっております。

桜川市がおすすめする人気の特産品・返礼品

茨城県桜川市がおすすめする返礼品は市内の真壁地域が『日本三大石材産地』で有名なことから特産品にもなっている「みかげ石」に関するものは全国各地のふるさと納税の返礼品のなかでも珍しいこともあって人気を誇っています。その他に食べ物に関するものでは「トマト」や「キュウリ」、「赤肉メロン」など農産物に関するものが多くあり、なかでも『幻のぶどう』とも称される「オリンピア」は糖度が非常に高くて、まるで蜂蜜みたいに甘いのが特徴でおすすめの一品です。

桜川市のふるさと応援寄附金の使い道

桜川市では日本の至る所からまごころを込めてお送りしていただいたお気持ちを『ふるさと応援寄附金』とし、以下の6項目の使い道に有効活用し、今後の町づくりに役立たせていただきます。1.環境の保全・景観維持に関する取り組み2.市民のまちづくり推進に関する取り組み3.産業の促進・魅力的な観光地にするための取り組み4.教育や文化及びスポーツ活動の活性化に関する取り組み5.市民の健康維持・医療関連施設の拡充に関する取り組み6.福祉の充実及び向上に関する取り組み7.その他(市長が必要と認める事業。)

茨城県 桜川市の返礼品ページ

茨城県 桜川市のホームページ
http://www.city.sakuragawa.lg.jp/page/page000597.html