茨城県 那珂市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

茨城県 那珂市のご紹介

東京から北東へおよそ100km、茨城県の中央よりもやや北側よりに位置している那珂市は、東は原子力の東海村、工業都市である日立市とひたちなか市、南は水戸市、西は城里町、北は常陸大宮市と常陸太田市と接しています。北部には久慈川が西から東へと、西部には那珂川が北西から南東へ流れています。この両方の一級河川の沿岸に広がっている広大な水田地帯と、中央に広がっている那珂台地から成り立っています。人口は53,534人、東京から常磐自動車道の利用で約1時間、JR水郡線の利用で約2時間となっています。元気で活力あふれる町づくりと産業の振興のため、那珂市らしい商品のブランド化をしています。特産品ブランド商品に認定されている商品は、低農薬で栽培し水洗いや天日乾燥などの手順も丁寧に行っており、風味豊かで香ばしい食感の「煎り落花生」、農薬や化学肥料を使わずに露地栽培で栽培した「那珂パパイヤ」ペーストとパパイヤの角切りを使ったジャワカレーの「那珂パパイヤカレー」など幅広い名産品があります。春は日本さくらの名所100選に選ばれた「静峰ふるさと公園」には八重桜が咲き誇り、夏にはひまわりフェスティバルが開かれ、秋には産業祭や月見の会、冬はオオハクチョウが一の関ため池や古徳沼に飛来する姿など、四季折々の風景を楽しむことができます。由緒ある神社仏閣や史跡、文化財も数多く存在しており、自然と歴史が豊かな市となっています。また「住みよさランキング2016」において、県内で第3位、全国790都市の中でも40位との高評価を得ています。

那珂市がおすすめする人気の特産品・返礼品

那珂市の人気の返礼品は、自然が豊かな大地で自家産の粗飼料と穀物由来の厳選した飼料「名人」を食べた究極の「常陸牛」となっています。オレイン酸の高い霜降りは健康にも良く、安全性も高い赤身の最上級の名人和牛となっています。おすすめの返礼品は、100年以上前に茨城県での製造が始まったとされる特産品の「那珂市産干し芋」です。畑の土づくりにもこだわり、自社農場で苗から栽培を行っているさつまいもを原料としています。

那珂市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、白鳥保護事業や清水洞の上整備事業を行う「自然環境の保全に関係する事業」、タクシー利用助成事業を行う「福祉施策の充実に関係する事業」、子育てと親育てを応援する家庭教育学校の開設事業を行う「教育又は文化振興に関係する事業」、公園管理事業を行う「快適な生活環境の形成に関係する事業」、国際交流推進事業を行う「協働のまちづくりに関係する事業」、の5つの事業の中から活用先を選んでいただきます。

茨城県 那珂市の返礼品ページ

茨城県 那珂市のホームページ
http://www.city.naka.lg.jp/page/page001949.html