茨城県 笠間市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 笠間市のご紹介

茨城県の中央に位置している笠間市は、首都圏から約100km離れており、県都水戸市に隣接し、北側は城里町と栃木県、西側は桜川市、東側は水戸市と茨城町、南側は石岡市と小美玉市と接しています。夏は湿度も気温も高く、冬は乾燥した晴天の日が多くなっている、太平洋型の気候となります。人口は76,888人、アクセス方法は東京方面から常磐自動車道を利用して約60分、東北方面から東北自動車道、常磐自動車道、常磐道を利用して約1時間10分となっています。「稲田のみかげ石」が名産品として有名で、ビルなどの建材用石材から墓石まで幅広い使用がされています。東京駅や日本橋といった日本の歴史的建築物に数多く使用されており、頑丈且つ美しい光沢が特徴です。また新たな名産品として「いなり寿司」の人気が高まっており、クルミやそばといったバラエティ豊かないなり寿司が登場しています。さらに岩間地区には栗や柿、梅、梨、ぶどうといったさまざまな果樹の栽培が行われており、中でも栗と梅の加工品が人気です。また茨城県を代表する物産の豚の飼育も行われています。観光名所には佐白山頂に築かれている「笠間城」や通称「滝前のお不動様」として親しまれており、合気道の修行で滝に打たれている外国人を見ることができる「滝入不動堂」があります。その他、笠間市の春の風物詩として大切なつつじの花が見事に咲き誇る、「笠間つつじまつり」も人気の観光地となっています。

笠間市がおすすめする人気の特産品・返礼品

幻の薬用植物となるエゾコウギと品質の良いカカオが奇跡の出逢いをした、心と身体に優しい「グッドヘルシーチョコレートの森の恵み(ビター)」、特産品であるいわま産の栗と砂糖のみで作られた「栗のやのくりきんとんとくりしるこの「ほっ」のセット」が人気の返礼品となっています。おすすめの返礼品は、「健康都市かさま笠間市立病院採血検診」です。笠間市立病院で採血による検査を実施し、検査結果を後日送付します。また「穴戸ヒルズカントリークラブの平日限定西コースプレー券」もおすすめとなっています。

笠間市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、笠間市の発展を目指して明るい未来を築くために、原動力となる「人づくり」や住みよい環境の元となる「美しい自然を守る」などに活用します。協働の町づくり支援事業や市民活動助成事業、国際交流事業、商店街の活性化事業となる、町づくり支援事業、地域の子育て支援拠点事業や小児のインフルエンザ分となる予防接種事業となる、子ども支援事業、高齢者の芸術鑑賞事業や文化財活用事業となる、芸術・文化支援事業です。

茨城県 笠間市の返礼品ページ

茨城県 笠間市のホームページ
http://www.city.kasama.lg.jp/page/page001672.html