茨城県 神栖市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 神栖市のご紹介

茨城県の神栖市は、県の最東南に位置し、太平洋を傍に霞ヶ浦や神之池等の湖沼があるように自然環境に恵まれたまちです。市の規模やアクセスは、人口は約95千人、地域面積が約146k㎡となり、街には駅がなくバス等の利用が便利です。高速路線バスは東京駅や東京ディズニーランド、羽田空港など主要スポットと結ばれています。隣接する都市は鹿嶋市や千葉県の香取市、銚子市等であり、特に鹿嶋市とは鹿島臨海工業地帯を形成しています。神栖市には多数の企業工場が立地しているため潤沢な税収が行政を安定化し、その税収が底支えとなり市民の福祉はとても充実しています。また手厚い医療福祉制度が評判となり、県外から転入を希望する人が増えています。産業は、もともと豊富な自然環境から農業と漁業が産業の中心となっていました。1960年より開始された鹿島開発により鹿島港が完成、その鹿島港をコアとし鉄鋼や石油等のコンビナートが立ち並び、地域全体が発展していきました。茨城県の中でも神栖市は、温暖な気候と太平洋を間近にする自然環境から幅広いスポーツが楽しめる地域として有名です。特に、サッカー競技は専用グラウンドを数多く有しており、全国のチームがサッカー合宿に訪れています。地元で最も有名な名産品は神栖産のピーマンです。生産量日本一であり、ピーマンを使った商品企画開発が行われオリジナル商品を生み出しています。また、トマトも生産量が多く特産となっています。その他、お正月用の飾り花として用いられるセンリョウや大粒で品質の高いハマグリが有名です。

神栖市がおすすめする人気の特産品・返礼品

神栖市の特産品は、やはり神栖産ピーマンが最も有名です。ピーマンを使って開発された飴や乾麺、お菓子がお土産として販売されています。また、温暖な気候が育んだメロンやトマトも地域を代表する商品となっています。ふるさと納税寄附金に対する返礼品の中で、人気のある品はやはりピーマンです。またピーマンとパプリカが詰め合わされたセットもおすすめです。その他、注文の多い品は、みりん干のかたくちイワシのさくら干です。食品以外では、日川浜オートキャンプ場の一泊利用券も好評です。

神栖市のふるさと応援寄附金の使い道

神栖市のふるさと納税応援寄附金の代表的な使いみちは、安心安全なまちづくりの一環として防災対策に充当されています。具体的には、まちに設置されている避難誘導表示版の更新や新規設置です。避難所や避難経路などをわかりやすく表示するよう改善されています。その他、福祉の充実に力を入れ、中でも小児、児童等お子さんの成長過程に必要とする教育支援や安心して通園、通学できる環境を整えるボランティア活動のサポートに活用しています。

茨城県 神栖市の返礼品ページ

茨城県 神栖市のホームページ
http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/9447.htm