茨城県 常陸太田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 常陸太田市のご紹介

常陸太田市は、茨城県東北部に位置している市です。南北に長く面積は茨城県で最大の自治体です。西から順に浅川・山田川・里川が並行して南に流れて、それぞれの川に沿った谷に水府村・旧金砂郷町・里美村の集落や耕地が広がっています。浅川・山田川・里川は南側を流れている久慈川に合流します。人口は、約5万2千人の町です。 秋田県秋田市・茨木健牛久市・フィリピンのラ・トリニダット市と姉妹都市提携を結んでいます。中国浙江省の余姚市と友好都市・中国吉林省の琿春市と友好交流・秋田県仙北市と有縁友好交流の提携を結んでいます。名所として、梵天山古墳・太田城址・奥久慈男体山・川中子温泉・太田中学校講堂・久昌寺・西光寺・佐竹寺・里美牧場・瑞龍山・西山荘・西金砂神社・東金砂神社・馬場八幡宮・竜神峡・若宮八幡宮・太田落雁の碑・山寺晩鐘の碑などがあります。竜神大吊橋があり観光用の歩行者専用の有料橋です。全長375mで歩行者専用の吊り橋では日本で二番目の長さを誇っています。毎年4月下旬から5月中旬に開催される竜神峡鯉のぼりまつりは、約1,000匹もの鯉のぼりが竜神峡一帯を泳ぐお祭りがあります。特産品として、国内有数の産地である金砂郷地区の蕎麦粉やちまき・オリジナル品種の葡萄で常陸青龍幸水や豊水のなしなどがあります。「常陸秋そばフェスティバル里山フェア」では、香りの良さや甘みの強さが特徴で高い評価を受けている常陸秋そばを味わえるイベントが開催されています。

常陸太田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品の蕎麦粉を使用した「石臼びき常陸秋そば」は、全国のそば職人からも評価を受けている商品で味・風味が優れている商品で人気です。「巨峰・常陸青龍詰合せ」は、オリジナルブランドである常陸青龍と巨峰が食べ比べできるおすすめの商品です。巨峰と比べても糖度が高くて酸味や渋みが少なく果実の色は黄緑色です。梨の「豊水と幸水」は、日の光を浴びて完熟するまで樹に実られており酸味が少なくて甘みが強い梨で返礼品として人気です。

常陸太田市のふるさと応援寄附金の使い道

茨城県常陸太田市に頂いた寄付金は、将来を担う人たちのための教育環境の整備・スポーツ施設の環境整備・子育てのための支援、文化財の保護や有効活用・地域特有文化財の発掘・芸術や文化活動への支援、地域を元気にするための特産物の振興・次世代の担い手づくり・地域資源のブランド化・まつりやイベントの活性化といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

茨城県 常陸太田市の返礼品ページ

茨城県 常陸太田市のホームページ
http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/page/dir000170.html