茨城県 大子町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 大子町のご紹介

大子町は、茨城県北西部に位置している町で福島県や栃木県と県境を接しています。中央部には久慈川が流れていて北部には八溝山や高笹山があり南部には生瀬富士や男体山があります。町は、森林セラピー基地として認定されています。気候は、盆地のため冬は朝晩の冷え込みが厳しいですが、日中は気温が上がり暖かくなり日較差が大きいのが特徴です。かつては、約4万2千人居た人口も現在は約1万8千人にまで減少してしまっています。名所として、袋田の滝・月待の滝・大子温泉・袋田温泉・塩ノ沢温泉・関所の湯・湯沢温泉・月居温泉・浅川温泉・八溝川湧水群・日輪寺・八溝山・シガなどがあります。袋田の滝は、久慈川支流の滝川上流にあり長さ120m・幅73mの滝です。冬は氷瀑と呼ばれ滝が凍結する現象が発生します。日本の名勝に指定されており、華厳滝や那智滝とともに日本三大名瀑に挙げられます。日本の滝百選に選定されました。1990年に行われた人気投票で日本の滝百選1位を取っています。シガは、冬期に気温と川の水温が低くなると水面に無数のシャーベット状の氷が現れて、その氷がそのまま川のって流れる現象が見ることができます。日本の中でシガが発生します。世界的にも、比較的低緯度の地域で見られる流氷現象です。特産品として、奥久慈りんご・奥久慈茶・奥久慈軍鶏・大子漆・コウゾなどがあります。奥久慈りんごは、なだらかな山々傾斜を利用しているりんご畑がたくさんあり、秋の収穫の時には新鮮なりんごを味わうことができます。

大子町がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品の「奥久慈りんご」は、日中と夜の寒暖差が大きい環境で育てられたりんごで蜜がたっぷりと入っておりおいしくおすすめの商品です。全国特殊鶏味の品評会で1位に評価された鶏肉の「奥久慈しゃも肉」を詰め合わせにしており人気の商品です。奥久慈の自然の中で運動させて育てられています。「名人の奥久慈茶セット」は、寒暖差が大きい気候で育った奥久慈茶は葉肉が厚くて山間地特有のコク・香りが特徴で返礼品として人気です。

大子町のふるさと応援寄附金の使い道

茨城県大子町に頂いた寄付金は、森林の整備や地球温暖化への対策及び袋田の滝などの自然環境を守るための活動、次世代の子供たちを育てるための支援や教育環境の充実、高齢者のための福祉・医療の充実、地域産業の振興のための農林業への支援や観光地を活かすための活動、特産品の市場拡大のための支援、田舎暮らしの受入環境の整備や空き家・遊休農地の有効活用するための支援といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

茨城県 大子町の返礼品ページ

茨城県 大子町のホームページ
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/furusato_nouzei.php?mode=list