兵庫県 高砂市のふるさと納税のご紹介

兵庫県 高砂市のご紹介

高砂市は、兵庫県の南部の播磨平野に位置する人口約9万人の市です。東部に加古川が流れ、北西部は「播磨アルプス」と呼ばれる高い山々がそびえ立ち、南部は播磨灘に面しています。曽根町の山麓には、縄文時代の遺跡である日笠山貝塚があり、市内の各地からは古墳や石棺が見つかるなど、古くから人々が定住していた歴史ある土地です。

また、高砂は古くから景勝地として万葉の時代より多くの歌人に愛された土地で、和歌や能にも多く登場してきました。加古川がもたらす肥沃な大地で行われる米作りや蓮根など農作物の栽培の他、漁業、製塩業、綿業、採石業などの地場産業で栄えてきました。
播磨灘沿岸地域では、漁業も盛んで貝類や甲殻類の水揚げや、沖合でワカメや海苔の養殖が行われています。
近現代以降は、埋め立てし易い遠浅の海や大阪や神戸などの都市に近いといった好条件から、化学、機械、電力等様々な分野の企業が続々と大工場を建て、播磨臨海工業地帯の中核的存在となっていきました。

市内には生石神社、荒井神社、鹿嶋神社、高砂神社、十輪寺、曽根天満宮など多くの社寺や石の宝殿などの史跡があり、多くの参拝客や観光客が訪れています。
一帯の神社では「播州の秋祭り」と呼ばれる秋季例大祭が毎年10月に行われ、多くの神社では太鼓台の練りだしが行われ特に賑わいを見せています。
また、2日間街中がライトアップされる高砂万灯祭も人気があり、神社などの歴史的な建造物や集積会場がキャンドルやLEDで彩られる様子がとても美しく、市内各所で行われるジャズ演奏や古民家の開放など多くのイベントが開催されています。

高砂市がおすすめする人気の特産品・返礼品

高砂市の特産品である、高砂の老舗名店の「焼あなご」や、「こだわり卵と新米の卵かけご飯セット」は人気の返礼品です。
世界で唯一、高砂市で生産されている地下足袋「倭紋(わもん」や、江戸時代に発明された帆布「松右衛門帆」を使用した丈夫なバッグもおすすめです。
高御座山の麓で丁寧に育てられたフレッシュなブルーベリーを使った「チーズケーキ」や、高砂市のマスコットであるぼっくりんがラベルとなった昔懐かしい味わいの「高砂ラムネ」もおすすめしたい返礼品です。

高砂市のふるさと応援寄附金の使い道

高砂市では「たかさごし」の文字を頭文字として5つの未来づくりにふるさと納税を活用しています。1「た」のコースでは、楽しく健やかな未来に向けた健康増進や高齢者の生きがいづくりに活用します。2「か」のコースでは、輝かしい未来を目指し、将来を担う子どもたちの福祉や教育の充実を図ります。3「さ」のコースでは、栄える文化を目指し、産業、商業、観光、文化の発展と振興に活用します。4「ご」のコースでは、郷(ふるさと)の美しい未来の為に高砂の自然や環境保全に活用します。5「し」のコースでは、市長におまかせで明るい未来の為に高砂市を元気にする施策に活用します。

兵庫県 高砂市の返礼品ページ

兵庫県 高砂市のホームページ
http://www.city.takasago.lg.jp/