兵庫県 佐用町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/17

 

兵庫県 佐用町のご紹介

佐用町は、兵庫県の西部に位置しており、西に岡山県の備前市と美作町、東に宍粟市とたつの市、南に上群町が隣接しています。佐用町から姫路市まで約40km、神戸市まで約80kmの距離にあり、姫路市までJR姫新線により約1時間で行くことが出来ます。

町の南部には、たつの市と上群町にまたがって、播磨科学公園都市があり、世界でも最高性能である大型放射光施設SPring-8、兵庫県立大学、附属高等学校、附属中学校などの学術研究機関、総合リハビリテーションセンターブランチ、県立西はりま養護学校、粒子線医療センターなどの保健・福祉・医療・教育分野の施設も整備されています。

最先端の科学研究を支える学術研究機関や先端技術産業の集積に加え、暮らしやすい住環境を備えた国際的な科学技術都市を目標にして、整備が進められています。佐用町は東西を走る出雲街道、南北を走る因播街道が交わる位置で、古くから宿場町として栄えてきました。因播街道にある宿場町「平福」は、川沿いに河屋敷が立ち並び、歴史的に貴重な遺産となっています。

また、町で有名なものは、美しい日本のむら景観百選にも選定されたことがある南光地域のひまわり畑です。町内の6つの地区で合計130万本ものひまわりが咲き誇る圧巻の景色を楽しむことができ、世界のひまわり園やひまわり迷路などのアトラクションや「物産テント村」での地元の特産品と農産物の販売もあり、訪れた多くの観光客でにぎわっています。

佐用町がおすすめする人気の特産品・返礼品

佐用町の人気のある返礼品は、町の特産品である「ひまわり」の種子を使った加工品で、無農薬で栽培されたひまわりの種子から、全国に数台しかない搾油機で薬品を使わずに絞った「ひまわりオイル」や、その「ひまわりオイル」と厳選した材料を元に、化学調味料を使わずに作った健康ドレッシングがおすすめです。また、ひまわりの種子を飼料として与えられ育てられた「佐用ひまわり地鶏」は、通常の方法に比べてビタミンEが増加しているため、おすすめの特産品です。

佐用町のふるさと応援寄附金の使い道

佐用町への寄附金は、「佐用町ふるさと応援基金」として、有効に活用されます。次の3つの事業から、寄付者が希望の事業を選択することが出来ます。1.ひとづくり事業(子育て支援、生涯学習推進、学校教育の充実、青少年健全育成など)、2.まちづくり事業(保健・医療や高齢者福祉の充実、地域福祉活動、観光振興、雇用対策・起業支援など)、3.自然環境づくり事業(棚田や「千種川」の保全、花いっぱい運動の推進、歴史的環境の保存、環境保全の推進、文化財の保存など)

兵庫県 佐用町の返礼品ページ

兵庫県 佐用町のホームページ
http://www.town.sayo.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=3578