兵庫県 稲美町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/17

兵庫県 稲美町のご紹介

稲美町は、兵庫県の南部に位置している、加古郡の町です。北西に加古川市、北東に三木市、東に神戸市、南に明石市が隣接しています。播磨町は、同じ加古郡に属していますが、隣接していません。
神戸市圏に属しており、阪神地区のベッドタウンとして南部を中心に宅地開発が進められて
います。

万葉集では、「稲日野」や「印南野」と呼ばれていたこともあり、田園の町「稲美町」と決定されました。雨の少ない瀬戸内気候と印南野台地に位置していることにより、水資源に乏しく、昔からため池が多く作られました。
そのため、町内には、約80か所の池があり、県内最古といわれる天満大池や県内最大の加古大池があります。

都市近郊農村地帯であり、農業が盛んで、田・畑が町の面積の47.1%を占めています。
毎年8月に開催されている「いなみ大池まつり」では、加古大池で約2000発の花火を彩り、観光客を楽しませてくれます。花火以外にも、模擬店や露店も出ており、さらに小学生限定でビンゴゲームも行われています。

稲見ブランドのお米「万葉の香」は、特製の堆肥を使用し農薬使用量を抑えて栽培しており、兵庫県認証食品にも認定されています。ある特別な酵素を混ぜた飼料を食べさせた、乳牛の糞ともみ殻を混ぜて作られた堆肥を使って、コシヒカリが栽培されています。
この「万葉の香」は町内の全小学校の給食にも使用されており、子供たちは有機農法で作られた美味しいお米を食べて大きく成長しています。

稲美町がおすすめする人気の特産品・返礼品

稲美町の人気のある返礼品は、稲見ブランドである「万葉の香」というお米です。化学農薬を抑え、特製の牛糞ともみ殻で作られた堆肥で栽培されており、兵庫県認証食品にも認定されているので、安心して召し上がっていただけます。
また、稲見ブランドである「いなみ野メロン」もおすすめの特産品です。化学肥料や農薬の使用を削減した栽培を行っており、さらに出荷時にJA職員が検品していますので、非常に高品質なメロンになっています。

稲美町のふるさと応援寄附金の使い道

稲美町への寄付金は、町の様々な事業に有効に活用されます。寄付金は納税者が以下の5つの事業の中から選択できます。1.水と緑の自然環境保全事業(ため池や田園環境等の水辺環境の保全など)、2.誰もがすこやかに安心して暮らせる福祉事業(乳幼児から高齢者までの誰もが安心して暮らしていけるような福祉事業)、3.教育・分化・スポーツ振興事業(教育や文化、スポーツの環境整備)、4.安全・安心で元気のある農業振興事業(食の安全・安心の推進のための、農業の振興)、5.その他

兵庫県 稲美町の返礼品ページ

兵庫県 稲美町のホームページ
http://www.town.hyogo-inami.lg.jp/soshiki_view.php?so_cd1=1&so_cd2=1&so_cd3=0&so_cd4=0&so_cd5=0&bn_cd=51