兵庫県 明石市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/17

 

兵庫県 明石市のご紹介

明石市は、兵庫県の南部に位置し瀬戸内海の明石海峡に面しています。ほとんどが神戸市と接しており、残りわずかの西側が加古川市、稲美町、播磨町と接しており、東西15.6km、南北9.4kmと東西に細長い形をしています。
面積は小さく、兵庫県の41自治体の中で34位です。逆に人口は約29万人と5位の多さです。その結果、人口密度は3位と過密になっています。

西国街道の宿場町として陸上交通、淡路島を経由して四国に通じる海上交通の要所として古くから栄えてきました。現在では、大阪市や神戸市のベッドタウンとしての役割を担っています。明石市は日本の時刻の基準である東経135度日本標準時子午線が通っており「時のまち」として有名で、明石市立天文科学館に日本の標準時間を刻む大時計が設置されています。明石原人、アカシゾウの化石の発見、源氏物語の舞台地、明石公園として整備されている明石城や宮本武蔵ゆかりの武蔵の庭園など歴史のまちの側面もあります。

明石海峡は日本有数の豊かな漁場でさまざまな魚が豊富に獲れます。海流の流れが速いためよく運動して、エビなどをたくさん食べた魚は身がしまり、おいしいと評判です。特に明石鯛、明石ダコ、明石のりは全国的に有名で人気があります。
郷土料理である明石焼は玉子・小麦粉・ジン粉を使い中には名産のタコを入れた軽食です。ソースなどはかけずに冷たい出汁につけて食べます。フワフワの食感とタコの歯応えのある食感が楽しめます。地元では玉子焼と呼ばれています。

本場の明石焼を食べるために訪れる観光客も多いです。たこ焼きとは別の料理ですが、たこ焼きのルーツとなったという説もあるようです。農業も盛んでキャベツ、ブロッコリー、そして大粒で甘いと人気のイチゴが代表する品目です。

明石市がおすすめする人気の特産品・返礼品

1万円以上のふるさと納税をされた方に「あかし玉手箱」が送られます。本物のたこつぼ(プラスチック製)の中に、明石市を感じられる厳選した8品が詰められています。明石市の特産品が詰められた人気の返礼品です。どういった品が入っているか発表はされていません。過去に送られた品では、明石の特産品のおせんべいの「のりぺったん」、「くぎ煮せんべい」、明石のりを使った「明石のりラーメン」、「味付けのり」、明石ダコを使った「たこカレー」、明石市の郷土料理を自宅で作れる「あかし玉子焼粉セット」はおすすめです。

明石市のふるさと応援寄附金の使い道

兵庫県明石市へのふるさと納税寄附金は、明石市のふるさとづくりのため、以下の事業から使途を選択でき、積み立てをして有効活用されています。・明石商業高校に熱い応援、・明石焼の魅力を全国に発信、・星空を映し続けるプラネタリウム、・こどもを支える環境づくり、・青少年の国際交流を応援、・支援が必要な人に支援、・動物と共に暮らしやすいまちを目指します。・とにかく明石を応援プラン 納税者の個別希望も対応しています。

兵庫県 明石市の返礼品ページ

兵庫県 明石市のホームページ
http://www.city.akashi.lg.jp/zaimu/zaisei_ka/shise/kifu/noze.html