北海道 歌志内市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/16

 

北海道 歌志内市のご紹介

歌志内市は、北海道の芦別市、砂川市、空知郡上砂川町、赤平市に囲まれた場所にあり、市のシンボルでもある神威岳をはじめ、夕張山地の山々が連なっています。
市街地を貫流しているペンケウタシュナイ川が大きな沢をつくっており、石狩川に注いでいます。

市域は山岳・森林地帯が主となっています。かつては石炭産業が栄えていた地で、ピーク時には46,000人もの人口でしたが、衰退してからは減少し、2014年には人口4,000人を下回り、日本一人口の少ない市となっています。

かもい岳温泉やうたしないチロルの湯などの温泉が観光におすすめで、スイスやオーストリアのチロルをイメージした建物や設備、またかもい岳スキー場も近いため、アフタースキーなどにも人気です。

特産品には水耕栽培で育てられた「チロルレタス」があります。芯まで柔らかく、食べやすい味で人気です。また、「かもい高原のはちみつ」は100%天然の高級はちみつとして、大切に作られています。大変貴重なはちみつで、お土産にも大変喜ばれます。
北海道のお米「きたひかり」を原料に作られる純米酒「チロルの酒」も辛口で和食に合うと好評です。ラベルは歌志内出身の芥川賞作家高橋揆一郎さんが書いたデザインです。かつて炭鉱で作業する人たちが食べていた料理「なんこ」は馬の腸を味噌でにこんだ郷土料理で、家庭ではこんにゃくやタケノコ、玉ねぎ、ごぼうなどを入れ、具沢山で食べられています。歯ごたえと味噌がしみ込んだ味が癖になる、歌志内の名物です。

歌志内市がおすすめする人気の特産品・返礼品

北海道歌志内市のふるさと納税返礼品には、特産品をはじめとした、とっておきの品がそろっています。
おすすめは、道内でもなかなか手に入れられない貴重な「かもい高原のはちみつ」です。上品な味で癖がなく、はちみつの女王と言われる、自慢の一品です。
郷土料理の「なんこ」も家庭で気軽に味わえるセットがあります。
「純米酒チロルの里」も自慢の特産品ですが、「うたしないワイン」も上歌地区で獲れたぶどうで作られた地産ワインで、歌志内の大地の恵みをいただけると人気です。

歌志内市のふるさと応援寄附金の使い道

北海道歌志内市へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、地域コミュニティーの推進事業として、活動やイベント開催の支援、子育て支援事業として、教育環境の整備や青少年の健全育成、スポーツの振興など、地域の活性化のための事業として、特産品の開発・普及・販路拡大、町並みの景観整備などに活用されています。日本一小さい市として「いきいきとみんなで創る心触れ合うまち」を目指して活力あるまちづくりを行っています。

北海道 歌志内市の返礼品ページ

北海道 歌志内市のホームページ
http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/hotnews/category/187.html