北海道 厚真町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/16

 

北海道 厚真町のご紹介

厚真町は北海道の南部に位置しており、夕張山地から太平洋に流れる厚真川の流域が町域で、南北に長い地形です。中心市街地の本町は厚真川中流付近となっています。浜厚真地区の海岸はサーフィンスポットとして有名で、シーズン中は平日・休日問わずサーファーが多く訪れ、道内でも屈指の多さです。町内では約14,500年前もの細石刃核が発掘されていることから、旧石器時代までさかのぼる歴史があると言われています。産業では、浜厚真・上厚真地区に苫小牧東部工業地域に続く工業地域として、1980年以降開発が進められており、苫小牧市との境に苫小牧東港、道内最大規模である石油備蓄基地や火力発電所が置かれています。農業は明治時代より厚真川水系を利用した稲作を中心としており、「厚真米」として人気があります。そのほかハスカップや納豆用の小粒大豆、ほうれん草、ブロッコリー、花卉栽培なども行われています。これらのさかんな農業や畜産など観光にも生かし、田植えから収穫までを行う体験や、芋ほりやハスカップ狩り、トマトジュースづくりやソーセージづくりなどの加工体験なども行われています。町の特産品として、「ハスカップジャム」「ハスカップゼリー」などが人気です。鯉沼地区大沼の「フィッシングパーク」では、7月から9月の間、鯉やフナなどの釣りが楽しめ、そのほとりには大沼野営場があり、キャンプができます。人工物を極力少なくした環境で、大自然を満喫できます。

厚真町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北海道厚真町のふるさと納税返礼品には、厚真の魅力がたっぷりつまった品々がそろっています。おすすめは、季節の農産物です。厚真のブランド米であるななつぼし「さくら米」や、有機肥料・減農薬栽培の「おぼろづき」、北海道を代表する品種「ゆめぴりか」など、種類も豊富です。特産品の不老長寿の実「ハスカップ」も人気で、大粒で糖度の高い貴重な品種のものもあるので、おすすめです。そのハスカップを手軽に取り入れられるジュースのセットもあります。

厚真町のふるさと応援寄附金の使い道

北海道厚真町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、次世代を担う子どもが健やかに成長できるよう、医療費の助成や保育時間の延長、自然環境保全のため、森づくり活動や植樹活動の支援など、美しい農村づくりや花いっぱい活動の支援、読書活動の推進、エンゼル基金への積立など、ふるさと文庫の創設、産業の振興、地域福祉の充実、地域振興基金への積み立て等に活用されています。その他寄付者の希望に沿った形で活用してもらえます。

北海道 厚真町の返礼品ページ

北海道 厚真町のホームページ
http://www.town.atsuma.lg.jp/