北海道 鷹栖町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

北海道 鷹栖町のご紹介

鷹栖町は北海道の中央にある上川郡に属する町で、旭川都市圏内の上川盆地の北部にあります。小さな丘に囲まれた盆地の形状で、町は全域にわたり碁盤状に道路が作られています。オサラッペ川が北部から南部に流れ、町の南部で石狩川へ流入しており、北部は和寒町、他は旭川市に隣接し、旭川市におけるベットタウンとして成長を遂げています。

町名はアイヌ語の「チカプウンイ(cikap-un-i)」(鳥・いる・ところ)の和訳としており、近文山の川にある岩でいつも鷹が羽を休めていたことに由来しているといわれ、隣接する旭川市の近文も同じ由来になります。1892年に石狩国の上川郡で石狩川右岸を鷹栖村とし、1924年6月にこの鷹栖村は東鷹栖村(現旭川市東鷹栖地区)、鷹栖村(現鷹栖町)、江丹別村(現旭川市江丹別地区)の三つの村に分かれました。

鷹栖町内における観光スポットは、パレットヒルズや北野神社、丸山句碑の森、メロディー橋などがあります。また町内のアピール施策の一環として生産地と消費者がより繋がることを目的として、消費者に色々な角度から農業に興味や関心を持ってもらえるよう、JAたいせつの青年部が中心となって、田んぼに絵を表現する『田んぼアート』の作成に取り組んでいます。

町の総人口は2017年3月末現在で7,076人となっていります。また交通アクセスはJR函館本線で旭川市内にある近文駅もしくは永山駅が最寄り駅になります。なおその他の観光スポットでは北野神社や治水の碑などがありますが、橋にある鉄琴を叩くと音が鳴るメロディー橋も有名になっております。

鷹栖町がおすすめする人気の特産品・返礼品

上川郡鷹栖町がおすすめする返礼品は数ある農産物の中でも「オオカミの桃」は人気があり、それ以外にも特産品である「トマトジュース」や「にんじんジュース」、「ハスカップジュース」などのジュース類もおすすめです。その他には北海道の名産である「エゾシカ肉の缶詰」や鷹栖町ブランドでは「鷹栖牛」があり、お米も鷹栖町産米の「ななつぼし」があります。お酒では「ワイン」も有名で食べ物や飲み物以外には「木工クラフト」や「陶芸品」などがあります。

鷹栖町のふるさと応援寄附金の使い道

宮崎県都城市へふるさと納税として寄せられた寄附金は、都城市ふるさと応援基金に積み立てされ、都城市のふるさとづくりのため、以下の8つの施策分野にて有効活用されます。
1.ふるさとの支援と子どものための支援、2.ふるさとまちづくりのための支援、3.ふるさとの環境のための支援、4.ふるさとスポーツと文化復興支援、5.長寿支援、6.ふるさと特別支援、7.ふるさと災害対策支援、8.ふるさと支援

北海道 鷹栖町の返礼品ページ

北海道 鷹栖町のホームページ
http://www.town.takasu.hokkaido.jp/furusato/index.html

SNSでもご購読できます。