北海道 斜里町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/25

 

北海道 斜里町のご紹介

北海道斜里郡斜里町は、オホーツク総合振興局にある町で、人口は約1万2000人です。女満別空港から車で約1時間ほどの距離になります。知床半島を縦に半分割るような形で、西側に属しており、東側には羅臼町が隣接しています。この知床半島の中央部にある知床連山は、山々が険しく、深い原始林に覆わています。また、オホーツク海の荒波で削られて築き上げられた断崖が続いており、世界自然遺産の知床として観光客が多く訪れる有名観光スポットとなっています。

この知床を代表するスポットとして8大景観があります。知床五胡では、原生林の中で幻想的にたたずむ姿と知床連山を湖面に写す光景を見ることができます。他にも、知床硫黄山から湧き出てくる温泉が川に流れ込んでいるカムイワッカ湯や、斜里町と羅臼町を結ぶ道路の頂上にある知床峠、夕陽の名所として知られる夕陽台などがあります。この夕陽台では、冬になると流氷で覆われた海面と夕陽との美しい絶景を眺めることができます。
こうした自然豊かな知床の名所を山岳ガイドと楽しむことができます。また、ウトロ港から知床岬まで観光船も就航しており、ヒグマやイルカなどに遭遇することもあります。

特産品としては、低カロリーで高タンパク、高鉄分のエゾシカ肉があり、餃子などにも調理され、ジャーキーなどの加工品としても親しまれています。また、オホーツク海の海の幸を堪能することができ、毛ガニや鮭、イクラといった魚介類があります。これら知床ならではの味覚の数々を楽しむことができます。

斜里町がおすすめする人気の特産品・返礼品

斜里町にふるさと納税で5,000円以上寄付をしますと返礼品として、募金証書をもらうことが出来ます。また、森づくりにかかわるイベント「しれとこの森交流事業」に参加でき、「しれとこの森通信」も発送されます。そして、100平方メートル運動ハウス内の参加者名簿へ名前が記載されます。他にも、知床自然センター内にある大型の映像展示ダイナビジョンの入館料の割引、希望者にはシンボルバッジがご購入いただけます。また特産品は鮭や鱒、小麦やじゃがいもがあり、珍しい知床もみじという名のエゾシカ肉を味わうことができ人気となっています。

斜里町のふるさと応援寄附金の使い道

斜里町では、寄せられた寄附金をもとに、知床半島に残された開拓跡地を森林に再生する運動として「100平方メートル運動の森・トラスト」を行っています。
1.原生林の再生は、開拓によって失われた森を元の姿に復元する数百年がかりの仕事です。多様性のある深い森を目指します。2.生物相の復元は、減少、あるいは失われた生き物やその生息環境を復活させて、森・川・海が一体となった生態系の循環を再生します。3.人と森の交流は、運動参加者のみなさんと100平方メートル運動地の森を通じて、末永く交流してゆく機会を提供します。その他、世界自然遺産の保護、保健福祉の向上、教育振興、産業振興なども指定できます。

北海道 斜里町の返礼品ページ

北海道 斜里町のホームページ
http://www.town.shari.hokkaido.jp/03admini/20machizukuri/2008-0813-1146-6.html