北海道 小樽市のふるさと納税のご紹介

 

北海道 小樽市のご紹介

小樽市は観光地であり、北海道西海岸の中央にあり札幌市などの4市町村に接しています。市街地の一方は日本海に面していますが他の三方が山に囲まれており、坂の多い町という事でも知られています。湾岸線の中央には小樽港があり、西側の海岸は「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定されています。寒暖の差があまり激しくないので、住みやすく、四季を通じてその時々の自然やレジャーを楽しむ事ができます。

札幌市内からでも日帰りで訪れる事ができるという事もあり、毎年700万人以上の観光客が訪れています。小樽市内には100店舗以上の寿司屋があることから寿司の街としても有名で、古くから港町として開港されていたので、歴史的建物も多くあり、魅力のある市町村ランキングでもトップ10に入っています。

特産品にはお寿司をはじめ、やはり海産物が中心です。昔から市民市場が栄えており、中でも大正6年からの歴史を持つ「手宮市場」が人気で、市場での魚介類をった定食や、ウニ丼・イクラ丼といった海鮮丼が名物です。海産物の中でも名産のものは甘海老やウニ、しゃこ、真鯛などです。もちろん観光名所も多くあります。

小樽だけではなく北海道を代表する観光スポットの「小樽運河」、たくさんの海の幸が集まる「小樽港」、北海道三大夜景の一つ、天狗山からの夜景、小樽ガラス工芸店「北一硝子」や、チーズケーキが有名な「ルタオ」などがある「堺町通り」などたくさんです。

アクセスは、新千歳空港から高速、電車で約一時間、札幌からは高速、電車で約30分です。

小樽市がおすすめする人気の特産品・返礼品

小樽市の返礼品はどの品も魅力あるものばかりですが、やはり人気なのは海産物です。中でも特産品であるプロが目利きをした「ウニ」や「ウニやいくらの醤油漬けセット」、エビの王様と言われる「ボタンエビ、甘海老のエビ尽くしセット」、ホッケなどの「干物セット」など多彩にあります。

めずらしい所ですと、「観光ガイドと共に巡る市内観光のご招待」や世界で一つのオリジナルガラスが作れる「吹きガラス体験」など観光地ならではの品もおすすめです。

小樽市のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、小樽市をより良い町そしてより魅力のある町にするための様々な事業に活用されています。数多く残る文化的施設、文学・美術的な財産の保全の為の事業を主に、市の為、そして小樽を訪れて頂く方のために行う事業、また小樽市民が、小樽に住んでいてよかったと思えるような、市民幸福度を高めるために行われている、交通・住環境・雇用の確保や子育て支援、そして高齢者や子育て世代が安心して暮らすための取組などに活用されています。

北海道 小樽市の返礼品ページ

北海道 小樽市のホームページ
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/furusato_nouzei/

SNSでもご購読できます。