北海道 沼田町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

北海道 沼田町のご紹介

沼田町は北海道のほぼ真ん中にあり、空知管内の北西部に位置し人口約3,200人の小さな町になります。恵比島駅近くは、朝の連続テレビ小説「すずらん」のロケ現場となりました。主な産業は農業で、耕作面積は約3,000ヘクタール、その内2,500ヘクタールでは稲作を行っており、水稲以外ではメロン・花卉(かき)・キャベツなどの生産も盛んに行なわれています。自然が豊かで水もきれいなので、北海道で初めて「ほたる」の飼育に成功し、現在では自然に繁殖したほたるも多く「ほたるの里」では、例年7月初旬から8月半ばにかけて、数多くのほたるが乱舞する光景が見られます。

7月下旬に開催されている「ほたる祭り」には、毎年大勢の観光客が訪れています。8月末には、毎年約8万人の見物客を魅了する、北海道の三大あんどん祭りにも数えられる名物のお祭り「夜高あんどん祭り」が開催されます。このお祭りは、本町の開拓者「沼田喜三郎」の故郷、富山県小矢部市から伝承されました。

また、道内でも数少ない豪雪地帯である沼田町は、雪の冷熱エネルギーを利用した世界初の施設でもある「スノークールライスファクトリー」を建設して、「雪と共生するまちづくり」を目指しています。雪を活用した雪中商品の開発も盛んに行なわれ、貯蔵されたお米やお酒などの商品は特産品として出荷されています。雪室で貯蔵・熟成した「雪中みそ」や日本酒「雪なごり」、また温泉施設の「ほろしん温泉ほたる館」で提供されている「雪中そば」は、町を訪れる方々に大変人気のある商品となっています。

沼田町へは旭川から車で約60分、札幌からは2時間ほどです。

沼田町がおすすめする人気の特産品・返礼品

おすすめの返礼品は、豊富な雪解け水で育った特Aランクの特産品のお米「雪中米ななつぼし」です。「雪中蔵出し純米酒雪なごり」は大雪山連峰から湧き出る名水を醸したお酒を雪中蔵に貯蔵し、お酒に最も適している摂氏0度で貯蔵すると、とてもまろやかで旨味があるお酒に変化させたものです。

人気が高いのは、完熟になってから収穫したトマトを使ったトマトジュースとケチャップの「トマトセット」です。幻の白いとうもろこしピュアホワイトを使ったレトルトスイートコーン「白と金」、また北海道のとうもろこし食べ比べセット、はじめて寄付される方には沼田町の特産品おためしセットもおすすめです。

沼田町のふるさと応援寄附金の使い道

北海道沼田町には、この地域ならではの自然あふれる資源がたくさんあります。この資源を維持して守り、お年寄りから子供まで住みやすい町にするために、寄附金は以下の事業に活用されます。納税時に寄附者が使途を選択できます。
1安全で暮らしやすいまちづくりを追求する事業、2活気あるまちづくりを追求する事業、3教育環境に優れたまちづくりを追求する事業、4地球環境に貢献するまちづくりを追求する事業、5その他目的達成のために町長が必要とみとめた事業

北海道 沼田町の返礼品ページ

北海道 沼田町のホームページ
http://www.town.numata.hokkaido.jp/section/soumu/ujj7s300000019lf.html

SNSでもご購読できます。