北海道 中札内村のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

北海道 中札内村のご紹介

中札内村は北海道にある十勝平野の南西部に位置しており、日高山脈の中央部分に源を発する札内川の流域に広がっている村です。北海道の村の中では最多の人口を誇っており、その数は約4,000人となっています。

村の西側には日高山脈襟裳国定公園になっていて、札内川の上流は日本国内では最大級のケショウヤナギ群生地としてその雄大な景色から、様々な方面でその希少価値を認められています。
また十勝幌尻岳は国の名勝である「ピリカノカ」の1つに指定されています。

地域の代表的な山はカムイエクウチカウシ山でその標高は1,979メートルあり、次いで札内岳は標高1,896メートルと、次に大きな山として十勝幌尻岳は1,846メートルあり、1,800メートルを超える大きな山3つに囲まれ雄大な自然を感じられる土地柄となります。

村の河川で札内川や八ノ沢、戸蔦別川があり、村の湖沼として、人造湖である「とかちリュウタン湖」があります。その他に札内川の水量を使用した札内川ダムやピョウタンの滝などの観光スポットを有しています。
村名の由来はアイヌ語で乾く川を意味する「サツ・ナイ」から名付けられた札内川の中央から上流一体を占めている事から名付けられたと伝えられています。

気候では夏場は20℃前後と涼しく冬場の最低気温はマイナス10℃前後となりますが、冬での降雨量や降雪量は少なく、「十勝晴れ」と呼ばれるからりと晴れた晴天の日が続く事も多いという特徴があります。

中札内村がおすすめする人気の特産品・返礼品

中札内村で人気の返礼品は、地域の畜産農家で大事に育てられた十勝豚を贅沢に使用した「十勝豚の肩ロース」や「バラスライス」「ローススライス」などです。また、地域の特徴として畜産に力があり、その畜産の特産品でもある「生乳瓶セット」なども注目されている一品です。
その他にも北海道を代表する地域特産品としてジャガイモをふんだんに使用した「中札内産のじゃがいも4種」などもおすすめの一品です。

中札内村のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金は、基金に積み立てし次のような事業に活用されます。1.地域づくり、人材育成のために(ふるさと活性化基金)、2.観光振興のために、3.保健・福祉・医療、子育て支援のために(福祉基金)、4.教育や文化・芸術の振興のために(文化振興基金)、5.スポーツ振興のために(スポーツ振興基金)、6.安全で安心な食と農業の振興のために(食と農業農村振興基金)、7.商工業の振興のために、8.豊かな自然環境の維持保全のために(豊かな環境等創成基金)、9.公共施設の整備のために(公共施設等整備基金)上記にご指定なき場合市長によって適切な事業へと活用されます。

北海道 中札内村の返礼品ページ

北海道 中札内村のホームページ
http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/kurashi/zeikin/furusato-kifukin/furusato-kifukin-01.html

SNSでもご購読できます。