北海道 奈井江町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/25

 

北海道 奈井江町のご紹介

奈井江町は、北海道中央空知の中心部にある石狩平野のやや北側に位置しており、東は夕張山系である芦別市と、西側は石狩川で新十津川町・浦臼町と境、南側に美唄市、北側には砂川市と肥沃な農地で接しています。JRの函館本線と国道12号線が町の中央部分を、東側の山手にはこうそく道央自動車道が南北に縦貫しており、札幌市までは約68km、旭川市まで約69kmの距離でのアクセスが可能であり、生活環境や農工生活消費流通、企業立地などの面でも恵まれていると言われています。

町の気候は、内陸性気候よりの気候帯となっており年間を通じての最高気温は30℃程で、最低気温はマイナス20℃となります。初霜はおおよそ10月下旬、雪の根付く季節はおおよそ12月初旬で毎年4月下旬頃には融雪しています。奈井江町の由来は、アイヌ語の「ナヱ」という言葉が転移した元として伝えられておりその意味は「砂多き川」と伝えられています。町章にはカタカナで「ナ」をもじったものを、町のシンボルマークにはハートマークをもじったデザインを採用しており、その中には人々や地域の平和と躍進や、大自然の恵みを感じながら優しく愛のある町へと発展してほしいと言う意味が込められています。

人口は約6,000人、面積は約88平方キロメートルの大きさで、町内の観光地には不老の滝やにわ山森林自然公園など大自然を満喫できるスポットの他、ないえ温泉ホテルなどの旅の疲れを癒すスポットなどが数多く存在しています。特産品はメロンやユリ根などがあり、地域の稲作農家で育成されるお米も有名な特産品とされています。

奈井江町がおすすめする人気の特産品・返礼品

奈井江町で人気の返礼品は、地域の稲作農家で大事に育成されたお米でブランド米としても名高い「ななつぼし」や「ゆめぴりか」、「きたくりん」などの高度クリーン米です。また、道央の大自然の中で育まれた野菜や果物も人気で、町の特産品として名高い「北海キングメロン」やと高い糖度を誇る「フルーツトマト」などもおすすめの一品です。その他にもお米やフルーツなどをふんだんに使用したお得なセットなども用意しており、バラエティにとんだ商品の中からお好きな品を選ぶことができます。

奈井江町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、奈井江町の産業振興や自然保護、未来を担う子供たちの育成のため次の事業から使途を選ぶことができます。
1.医療、保健、福祉の充実に関する事業、2.少子・高齢化事業に関する事業、3.自然環境の保全事業、4.産業の振興に関する事業、5.生活環境の整備事業、6.教育・文化活動の振興に関する事業、7.その他町長が特に必要と認める事業など、町の発展やふるさと振興のため様々な事業から納税時に選択できます。

北海道 奈井江町の返礼品ページ

北海道 奈井江町のホームページ
http://www.town.naie.hokkaido.jp/furusatonozei/