北海道 増毛町のふるさと納税のご紹介

北海道 増毛町のご紹介

増毛町は、北海道北西部に位置する町で、日本海に面しており、雄冬海岸から望まれる海岸美と暑寒別天売焼尻国定公園の一部である暑寒別岳を抱えています。

歴史は古く、歴史書などには1700年頃からの記述が記載されていて、町内には北海道遺産にされているレトロな建物が立ち並び、明治15年に創業し、現存する酒屋としては北海道では最も古くまた最北に位置する造り酒屋「国稀酒造」や「旧商家丸一本間家」、駅前通りなど歴史的な建造物を目の当たりにすることが出来ます。

冬には暑寒別岳スキー場もオープンし、天気の良い日には白銀の世界から日本海を見渡せる大パノラマを満喫できます。
また、増毛町より車で約20分の南の玄関口には「岩尾温泉あったま~る」があり、皮膚病やリウマチに効能があるとされている単純酸性泉からなり、自慢の露天風呂からは日本海を一望でき、日本海に沈む夕日を眺めながらの入浴が可能です。

漁業と農業が盛んでボタンエビなどの収穫の他、稲作・果樹の栽培を行っています。稲作では、「きらら397」や「ほしのゆめ」等を主要品種として、高品質な一等米の出荷を続けている他、漁業では収穫量で有名なボタンエビ漁以外でも甘エビやタコなどの収穫量も多く、特産品としてボタンエビやシマエビ、甘エビなどがあります。

また、町を挙げての町内移住計画も行っており、町のホームページでは町営住宅や民間アパート、空き家や空き地の紹介ページの掲載の他、お試し住宅の情報や生活情報、医療情報などを掲載し、移住の斡旋などを行っています。

増毛町がおすすめする人気の特産品・返礼品

エビの漁獲量が多い増毛町の人気商品はやはりエビで、甘エビやボタンエビ、シマエビなど豊富なバリエーションを展開しています。単一種類だけでなく、数種類の組み合わせが用意されています。
また北海道の特産品として名高い新巻鮭やいくら、ホタテなど様々な種類の返礼品も人気です。
それ以外のおすすめ品としては、増毛産のブランド米「ななつぼし」と鮭やうに、いくらとのセット品や、「ななつぼし」の単品、最北の酒蔵「国稀酒造」が提供する日本酒のセットなどがあります。

増毛町のふるさと応援寄附金の使い道

増毛町へのふるさと納税寄附金は、納税者が使途を選択し、有効活用されなす。1.歴史・文化の継承と地場資源を活用した観光振興に関する事業(観光イベントの充実など)、2.子どもたちの育成に関する事業(学校の教育整備など)、3.医療、保健、福祉、介護に関する事業(市街診療所の開発、整備など)、4.地場産業の振興に関する事業(漁業や農業の振興活動など)、5.環境保全に関する事業(国有林整備事業など)になります。

北海道 増毛町の返礼品ページ

北海道 増毛町のホームページ
https://furusato-mashike.jp/