北海道 真狩村のふるさと納税のご紹介

 

北海道 真狩村のご紹介

真狩村は北海道後志総合振興局管内、虻田郡に属する村です。村名は村内を流れる真狩川に由来し、また真狩川はアイヌ語では「マッカリベッ(マク・カリ・ペツ)(後ろ・まわる・川)」という言葉が起源といわれています。
これは、真狩川が羊蹄山を囲むように流れる様子を意味すると考えられているそうです。村には真狩川を含め8本の川が流れており、基幹産業は農業となっています。

主要作物はじゃがいもや花ユリ球根、人参、大根で、特にユリ根は日本一の出荷量を誇ります。真狩村道の駅のユリ根丼は美味しいと評判です。

交通の面では、村を走る鉄道、高速道路、国道はなく、人々は主にバスや車で移動しています。札幌市および新千歳空港までは車で約100分、小樽市までは約90分ほどです。
洞爺湖温泉までは約40分で到着することができます。

観光地としては羊蹄山自然公園が有名です。羊蹄山への登山やキャンプ、ハイキングなど、緑の中で様々なアウトドアを体験することができます。
また公園内の森林学習展示館には北海道の森林に関することを学べる場所があり、クラフト体験なども行なっています。

さらに8月上旬が見頃のユリ園も、数多くの人が訪れる村の名所の一つです。1,400m2の敷地に「カサブランカ」や「ビタラ」など、色とりどりの花ユリが雄大な羊蹄山を背景に咲き誇ります。こちらは2008年開催の北海道洞爺湖サミットで各国首脳夫人が記念撮影をした場所でもあり、その記憶を伝えています。

真狩村がおすすめする人気の特産品・返礼品

真狩村おすすめの返礼品は、特産品である「ゆり根」です。ゆり根は栄養素が豊富で、でんぷんや食物繊維を多く含み、火を通しても効率よくビタミンが摂取できます。
また「白と黄色のとうもろこし」も人気の品です。真狩村産とうもろこし「恵味」は抜群の甘さとフルーツのような味わい、「ロイシーコーン」は自然な甘さとミルキーな味が特徴です。塩茹ででぜひご賞味ください。
「秋の真狩味覚セット」は、地元産じゃがいもを主とした旬の農作物のセットです。真狩の秋の味をご自宅でお楽しみいただけます。

真狩村のふるさと応援寄附金の使い道

真狩村の寄附金の使い道は、次の4つのまちづくりの柱に充てられます。ひとつは「羊蹄山の恵みを大切にする村づくり」です。羊蹄山と水と緑に囲まれた自然あふれる村づくりのために活用されます。二つ目は「歴史的財産の保存・継承」です。村の郷土芸能である浦安の舞、真狩祝太鼓、赤坂奴などの継承、「羊蹄ふるさと館」の存続や歴史的財産の保存等に活用されます。そのほか「心豊かで、あたたかい人づくり」、「村長におまかせ」のための財源として活用されます。

北海道 真狩村の返礼品ページ

北海道 真狩村のホームページ
http://www.makkari.info/gyosei/furusato/

SNSでもご購読できます。