北海道 釧路町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/03/02

北海道 釧路町のご紹介

釧路町は北海道南東部、釧路地方の中央南部に位置する町です。日本最大の湿原である釧路湿原が広がり、その中を釧路川が蛇行しつつゆったりと流れています。北は標茶町、鶴居村、西は厚岸町、東は釧路市に接し、市の南側は太平洋に面しています。同じ名前を持つ釧路市とは別の自治体であり、1920年の分村後、昆布森村との合併などを経て現在の釧路町となりました。254.15平方キロメートルの面積に約2万人の人口を有しています。釧路地方の玄関口である釧路市から車で20分程度の距離にあり、釧路空港からも国道38号線経由で30分ほどとなっています。町の特産品は遠矢地区で作られるダイコンやニンジン、ブロッコリーなどの野菜の他、昆布森地区で獲れる昆布やサケ、マスなどの魚介類があります。また、達古武地区で育てられる海藻ポークは町のブランド豚です。釧路町最大の特徴は釧路湿原に代表される豊かな自然です。町の北東に広がる釧路湿原はラムサール条約にも登録されている世界的にも貴重な湿地帯であり、タンチョウやキタサンショウウオなど多様な動植物が生息しています。この釧路湿原を一望できるとして人気の景勝地が細岡展望台です。大観望からは天気が良ければ阿寒山系の山々まで見通すことができます。湿原は訪れる時間帯によっても眺めを変え、早朝など気温の低い時間帯には霧が立ち込め、神秘的な雰囲気に包まれます。夕暮れ時には湿原の彼方に沈む太陽とその輝きに照らされた釧路川を望むことができ、その光景はまさに絶景です。隣接する細岡ビジターズラウンジでは釧路湿原の成り立ちや植物について知ることができる他、軽食を取ることもできます。細岡展望台に足を運ぶ際には合わせて利用したいスポットです。また、カヌーを利用しての湿原観光も盛んです。カヌーでの川下りには熟練のガイドが同伴するため、初心者でも安心して景色を楽しむことができます。釧路の自然を身近に感じることができるアクティビティです。

釧路町がおすすめする人気の特産品・返礼品

昆布森地区の漁港で水揚げされた海産物の返礼品が人気です。一番人気は仙鳳趾の特産品「活殻かき」の詰め合わせで、「最高級生うにエゾバフンウニ」と「活毛ガニ」がこれに続きます。お得な定期便として、町の名産品を毎月一つずつお届けする「釧路町知る人ぞ知る名品セット」や「釧路町海のめぐみセット」、「海藻ポークシリーズ」などもあります。釧路湿原にちなんだ返礼品として、釧路湿原の花々から集めた蜂蜜「蜜鶴」や、釧路湿原の自然を名前に冠した銘菓セット「釧路湿原詰め合わせ」などもおすすめです。

釧路町のふるさと応援寄附金の使い道

釧路町では頂いた応援寄付金をまちづくりのために有効に活用させていただきます。寄付の際、以下の中から使途を指定していただくことが可能です。1.こどもの笑顔を未来に、2.美しい自然を未来に、3.産業資源や技術を未来に、4.大切な命を未来に、5.まちの宝のすべてを未来に、の5つとなっております。特に応援したいと感じるテーマをお選びいただき、実現に向けてご協力ください。なお、特に指定がない場合は一般寄付として市政全般に活用させていただきます。

北海道 釧路町の返礼品ページ

北海道 釧路町のホームページ
http://www.town.kushiro.lg.jp/fulusato/