北海道 黒松内町のふるさと納税のご紹介

 

北海道 黒松内町のご紹介

黒松内町は人口約3,000人のまちで、函館市から約140km、札幌市からも約140kmと函館市と札幌市のほぼ中間点に位置し、札幌市からは車で約2時間40分、電車で約3時間30分の場所にあります。南北に19.7km、東西に29.3kmの総面積345.65平方キロメートルの黒松内町は海のない町ですが、日本海や太平洋からも近く、標高739.8mの黒松内岳からは日本海と太平洋の両方の海を望むことができます。まちの周辺にはニセコや洞爺湖など道内有数の観光地も点在している黒松内ですが、町内には市街地から2kmの場所に、約92haもの広大なブナの原生林が広がる「歌才ブナ林」があります。国の天然記念物にも指定されている歌才ブナ林は、これまでに2度の伐採危機に陥りましたが、地域住民の積極的な保護活動によって伐採を逃れ、平成16年には"北限のブナ林"として北海道遺産に選定、現在ではまちのシンボルとして地元の人たちに親しまれています。ブナの原生林の保護活動にも積極的な黒松内町では、ブナ林の保護活動だけではなく、近年は馬鈴薯や小麦など畑作や酪農を主体とした牧歌的風景を資源に、ヨーロッパの農村のような都市の人々を招いて交流を図る体験・滞在型のまちづくりにも力を入れており、平成16年からはより黒松内の環境や景観の素晴らしさを他町・他県の人にも体感してもらうため、町と町民ボランティアが連携して、田園地帯や森林などその地域に古くからある、ありのままの景色を楽しみながら散策するイギリス発祥の『フットパス』にも積極的に取り組んでいます。

黒松内町がおすすめする人気の特産品・返礼品

まちの特産品でもあるチーズは、黒松内町のふるさと納税の返礼品の中でも人気が高く、黒松内町の大自然で育った牛や山羊から搾った良質のミルクから作られた「黒松内町産ナチュラルチーズ詰め合わせ」や、厳選した素材で手作りしたハムとチーズが味わえる「ハム・チーズギフトセット」は特におすすめです。また、フレンチの巨匠・三国清三シェフが毎年北海道内のふるさと納税の返礼品の中から厳選した品を5つ選ぶ『北海道ふるさと納税5品目』に2017年選ばれた大豆がまるごと入った豆腐など大豆の甘みと濃厚さが味わえる商品が堪能できる「三国清三シェフ推奨!大豆まるごと豆腐「雪ぼうず」詰め合わせ」もおすすめの逸品となっています。

黒松内町のふるさと応援寄附金の使い道

黒松内町へ寄せられたふるさと納税の寄附金については、黒松内町のまちづくり事業に反映させるため、自然環境保全、優良景観保全・創造、青少年健全育成、高齢者・障害者支援、交流・定住・移住、医療保健福祉職員養成の6つの事業の中から寄附者が希望する使い道を選択して頂き、選択された事業にて有効に活用されます。なお、寄附者が事業の指定をしない場合は、まちづくりの必要性に応じて、町長が認める事業にて使用されます。

北海道 黒松内町の返礼品ページ

北海道 黒松内町のホームページ
http://www.kuromatsunai.com/

SNSでもご購読できます。