北海道 上砂川町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

北海道 上砂川町のご紹介

北海道上砂川町は、道央空知支庁官内のほぼ中央に位置した都市です。気候は、南北に走る夕張山脈が強風をさえぎってくれて温暖で降雪量も比較的少ないので住みやすい町です。札幌市から車で1時間、電車で45分のところにあります。町名の由来は、アイヌ語で「オタウシナイ」で、「オタ」は砂、「ウシ」は多い、「ナイ」は川という意味から命名されて、川の上流に位置しているので「上砂川」と決定されました。「上砂川炭田」があり、かつては、産炭地として栄えていて資本主義経済を支えていました。観光スポットとしては、「旧三井砂川中央竪坑」があり、今の上砂川町のシンボルになっています。もともとは、炭鉱の閉山後に地下無重力実験センターの実験塔として転用されていたものです。「炭鉱館」では、町がどのようにして炭鉱で栄えていったのか石炭を掘る技術や当時の人々の暮らしなどを学ぶことができます。家族連れやアウトドアな人におすすめの場所は「奥沢キャンプ場」です。森の中にあって鳥のさえずりが心地よくそばに温泉施設などがあるのでのんびり癒されます。「上砂川岳温泉パンケの湯」は、周りの豊かな自然は旅や日々の疲れを癒してくれて大地から湧き出る温泉は安らぎを与えてくれる癒しの施設です。ドラマ「昨日、非別で」の撮影場所として「旧上砂駅」が使われました。昔は、輸送の拠点となった駅ですが、今は、撮影で使われた場所ということで資料館になっています。ロケ当時の写真を見ることができます。

上砂川町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北海道上砂川町のふるさと納税の返礼品で人気なものは、「ニジマスの燻製とサッポロクラッシック晩酌セット」です。ニジマスは、上砂川町で卵から育てられた特産品です。このセットがあればすぐに晩酌ができてしまうのでお酒好きな人におすすめです。「スフェラースティック」は、太陽の光で充電することができるスティック型のランタンです。電池が必要ないので1本あるだけで災害時などに非常に役に立ちます。「ペンケの湯宿泊ペアセット」は、日頃の疲れを癒したい人におすすめで自然と温泉に癒されます。

上砂川町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からいただいたふるさと納税の寄付金は、「上砂川町がんばる基金」として4つの事業から使途を選択することができます。1.子育てや教育の充実を図るために子供関係の事業、2.生涯学習や文化、スポーツ活動の取り組みの事業、3.産業や商工業の振興、観光地としての振興などイベントに関係するものの事業、4.ふるさと応援支援に関する事業です。事業への使途の選択ができない場合は、町長が必要とされる事業に活用されて砂川町の発展のために使用されます。

北海道 上砂川町の返礼品ページ

北海道 上砂川町のホームページ
http://www.town.kamisunagawa.hokkaido.jp/furusatonozei.html

SNSでもご購読できます。