北海道 北竜町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/26

 

北海道 北竜町のご紹介

北竜町は、北海道のほぼ中央、北海道空知総合復興局北西部に位置する人口2,000人ほどの小さな町です。広さは南北に14㎞、東西に28㎞の総面積158.70㎢で、暑寒別岳を主峰としている増毛山脈や、増毛山脈の支脈が町内を走る北竜は町の約70%が山林となっています。

2001年に開基110年を迎えたばかりと、まだまだ歴史は浅いまちではあるものの、今なおまちの伝統的文化である真竜神社の獅子舞や北竜太鼓は次世代に受け継がれています。

冬季は1.5mから2m近くまで積雪を記録することもありますが、夏季は南西風が多く、温暖で豊かな水質源にも恵まれているため、水稲や畑作にも適しています。北竜は稲作を基幹とした農業のまちとしても知られていますが、低農薬で有機肥料とクリーン農業により生産されるお米は『ひまわりライス』として販売されています。

また、水田転作により町では果菜類の作付けも盛んとなっており、『北竜ひまわりすいか』や『北竜ひまわりメロン』は道内の中でも有数の生産地となっているほか、北竜は国内でも有数のひまわりの作付けが盛んなまちとしても有名で、ひまわりの作付面積は全国一となる100ヘクタールにもなります。最近ではひまわりを中心としたまちづくりにも力を入れている北竜町ですが、中でも日本最大級の面積を誇る「ひまわりの里」は、ひまわりの開花シーズンともなれば道内だけでなく、全国各地から20万人以上もの観光客が訪れる北竜一の人気観光スポットとなっています。

北竜町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北竜町の特産品である「黄美香メロン」は爽やかな香りとすっきりとした甘みが特徴のメロンで、ふるさと納税の返礼品として人気の高い商品となっています。また農薬を80%カットした安心・安全の農薬節減米『きたくりん』と、インターネットからでも使用した農薬を確認することのできる低農薬米『ゆめぴりか』の両方を食べ比べできる「きたくりん・ゆめぴりか」のセットや、町の特産品でオリーブオイルの約8倍のビタミンEを含み、血中にある悪玉コレステロールが減る働きもある、無添加・一番搾りの「燦燦ひまわり油」もおすすめの返礼品のひとつとなっています。

北竜町のふるさと応援寄附金の使い道

北海道北竜町へ寄せられたふるさと納税寄附金は、「北竜町ふるさと応援基金」への積み立て後、次世代にも住みよいまちづくりを繋げていくため、寄附者が下記の4つの事業から寄附金の使途を選択し、その使途に従って有効に使用されます。
1.観光や産業の復興に関する事業への活用、2.教育や子育て支援に関する事業への活用、3.医療や福祉に関する事業への活用、4.その他、町長が必要と認める事業や町政全般に関する事業へ活用されます。

北海道 北竜町の返礼品ページ

北海道 北竜町のホームページ
http://www.town.hokuryu.hokkaido.jp/content/townplan1.php