北海道 浜頓別町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/30

北海道 浜頓別町のご紹介

北海道最北の宗谷地方東部にある浜頓別町は、人口約3,700人のまちです。町の南部と西部には山岳が広がり、オホーツク海に面した東岸は湿原が広がる浜頓別町には、日本最北のラムサール条約の保護指定地「クッチャロ湖」があります。約290種とたくさんの野鳥が集まるクッチャロ湖はハクチョウが飛来する湖として全国的に有名な湖ですが、大小2つの沼が細い水路でつながっている瓢箪型のクッチャロ湖周辺には水鳥観察館をはじめ、温泉施設やキャンプ場、白鳥公園などさまざまな施設があり、野鳥観察やキャンプを楽しむ人が多く訪れるスポットとなっています。また、町内には史跡や文化財も数多くあり、日本最北の縄文貝塚など3haの敷地内に173件もの擦文時代の竪穴住居跡が残る「浜頓別クッチャロ湖畔竪穴郡」は北海道の指定史跡に、日本古来の砂金堀の伝統道具『ゆり板』で本格的な砂金堀体験ができる「ウソタンナイ砂金遺跡」やポン仁達内遺跡の『石刃核』などは町の文化財に指定されています。そんな大自然や歴史を間近で体感することのできる浜頓別町では、2010年から「オホーツク100kmマラソン大会」が開催されており、今では全国各地から多くの人が参加するマラソン大会となっていますが、最近では外国人ランナーも多く参加されており今やオホーツク100キロマラソン大会は町の一大イベントとなっています。また、酪農を主体に農業や水産業も盛んで、安全・安心の食糧生産基地として国内全土に出荷している浜頓別では、生乳をはじめとする乳製品やカニ・鮭・ホタテなど魚介類は町を代表する特産品となっています。

浜頓別町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北海道を代表する特産品のホタテや毛ガニは浜頓別町のふるさと納税の返礼品でも人気で、そのまま食べても、料理にも気軽に使える「冷凍ホタテ貝柱」や「冷凍茹で毛ガニ」はおすすめの商品となっていますが、広大な草地で育った放牧牛の牛乳で作った「放牧牛アイスクリーム」や、牛乳入りの白あん入った集乳缶の形の見た目もかわいらしい最中「牛乳もなか」も酪農が盛んな北海道ならではの商品として女性を中心に人気となっています。

浜頓別町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂いたふるさと納税の寄附金は、浜頓別町のよりよいまちづくり実現のため、自然環境保護・都市基盤整備の充実、保健・福祉・医療の充実、防災・消防の強化、産業・観光の振興、学校教育・社会教育の充実、スポーツ・文化の振興、住民参画の推進、コミュニティ活動の充実など各事業にて大切に使用されます。なお、寄附者が寄附金の使い道について特に指定しない場合は、寄附金が使用される事業の選択は町長に一任されます。

北海道 浜頓別町の返礼品ページ

北海道 浜頓別町のホームページ
http://www.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp/docs/2016041200017/