北海道 富良野市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/26

北海道 富良野市のご紹介

北海道のほぼ中央、上川管内の南部にある富良野市は、富良野盆地の中心都市となっております。東部に十勝岳連峰の富良野岳、西部に夕張山地の芦別岳、南部には東京大学演習林があり、市域のおよそ7割を山林が占めています。人口は22,355人、アクセス方法は札幌市からは道央自動車道の利用で約2時間、旭川市からは国道237号線で約1時間となっています。

昼夜の寒暖差が激しく、豊かな土壌に恵まれていることで糖度が高くてみずみずしいメロンが収穫されることで有名です。特に山部地区には数多くのメロン農家があり、富良野から山部に向かっている国道38号線沿いには広大なメロン畑が広がっています。

名産品である「富良野メロン」を代表するものに、「ピュアレッド」や「キングルビー」があります。また農産物の生産にも適した土地となっているため、「ニンジン」、「たまねぎ」、「ジャガイモ」など道内でも多くの野菜の有数の産地となっています。

富良野が舞台となっているテレビドラマの「北の国から」や「優しい時間」などのグッズも豊富に揃っており、ファンからの根強い人気を誇っています。グッズだけでなく「風のガーデン」や「珈琲森の時計」など、テレビドラマなどのロケ地を見ることができる場所や、富良野を代表する花の「ラベンダー」だけでなく、季節折々の花を楽しむことができる「麗郷展望台」や「北の峰地区旅館組合ラベンダー館」などの多くの観光名所があります。

富良野市がおすすめする人気の特産品・返礼品

富良野市の人気の返礼品は、北海道を代表する米であり北海道で一番食べられらている「富良野産ななつぼし」と豊かな甘みが自慢の「富良野産ゆめぴりか」のセット、富良野の特産品である「ふらのワインセット」となっています。おすすめの返礼品は、富良野の牧場で育った新鮮な牛乳を使用して、ふらのチーズ工房で作られた、ナチュラルチーズ各種やバターのセット、藤井牧場で作られた飲むヨーグルトとチーズのセットとなっています。

富良野市のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、富良野を愛して将来にふるさとの富良野に心が向く、キャリア教育の推進並びに人材育成を行う「教育の充実」、農林業全般への振興事業に活用する「農林業の振興」、高齢者福祉などの介護、医療、福祉の分野全般、子育て支援事業に活用する「医療・介護・福祉の充実」、まちの活性化や地域のコミュニティ活動などの地域づくりを推進する分野全般において市長が認めた事業に活用する「その他の市長が必要と認める事業」の4つの事業の中から納税者が活用先を選ぶようになっています。

北海道 富良野市の返礼品ページ

北海道 富良野市のホームページ
http://www.city.furano.hokkaido.jp/docs/2013071300236/