北海道 遠軽町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/30

北海道 遠軽町のご紹介

北海道の北東部にあり、オホーツク管内の中央、内陸側に位置している遠軽町は、北側は紋別市、滝上町、東側は湧別町、佐呂間町、西側は上川町、南側は北見市と接しています。町を貫流している湧別川の上流側にあり、支湧別川や武利川、丸瀬布川、生田原川など多数の支流が合流して、開拓当初から肥沃な台地は農耕地に適した環境として栄えてきました。人口は20,382人、最寄りの空港には女満別空港と紋別空港があり、女満別空港からは車で約90分、紋別空港からは車で約40分となっています。またオホーツク圏と道央圏を結ぶ、高規格幹線道路の旭川紋別自動車道が丸瀬布ICまで繋がっているなど、アクセスが便利な環境が整っています。名産品には、大きくそのまま成長させる立茎栽培を行っている「グリーンアスパラの遠軽にょっきーず」、農薬を一切使用せずに、清流水と太陽光で育てている丸瀬布産の「じゅんさい」、標高400mの高地で栽培されており、ホクホク感が堪らない「ジャガイモ」などがあります。また観光名所には、北海道自然百選に選出されており、地上から78mにそびえる町のシンボルである「瞰望岩」、オホーツク管内最高峰である「武利岳」、360度のパノラマと星空に感動する「大平高原」、10haもの広大な台地に1,000万本のコスモスが咲き誇る日本最大級のコスモス園「太陽の丘えんがる公園」、世界の約40か国の木のおもちゃが集まったミュージアムの「ちゃP591:P592ちゃワールド」などがあります。

遠軽町がおすすめする人気の特産品・返礼品

甘くて栄養たっぷりの「遠軽産のアスパラガス」、昼夜の寒暖差が激しい白滝地域で作られ、ホクホクとして甘みが強いのが特徴の「しらたきじゃがいも」、遠軽町コスモスカレーやとりごぼうご飯の素、遠軽産高級蜂蜜など特産品が詰合せになった「えんがるギフト」が人気の返礼品となっています。おすすめの返礼品は、遠軽町出身の漫画家安彦良和さんが町のシンボルである「瞰望岩」をモチーフとしたイラストが入った「バスタオル」や「タオルセットと美容セット」となっています。

遠軽町のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は次のまちづくりを選んで頂くことができます。町営バスの運行事業などの「人と自然に思いやりがあるまちづくり」、ゴミの収集や処理場の管理を行う「安心安全で住みごこちの良い暮らしの場づくり」、農林業の担い手、後継者の確保対策事業の「活気と創造性に溢れる未来につながる産業づくり」、保育所や児童館の管理並びに運営事業の「住み慣れた所で健やかに暮らす生活づくり」、小中学校の管理並びに運営事業の「文化を守って、未来に繋げるふるさとづくり」、コミュニティ活動を助成する事業の「町と町民が気軽に対話することができるまちづくり」です。

北海道 遠軽町の返礼品ページ

北海道 遠軽町のホームページ
http://engaru.jp/engaru/01soumu/furusatokifukin/indx.html