北海道 厚沢部町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/30

北海道 厚沢部町のご紹介

厚沢部町は、北海道の南西部にある農林業を主に盛んに行っている町です。土地の面積の約8割を山林が占めています。札幌市から車で約4時間30分、函館市から車で約1時間15分のところにあります。毎年夏に商工会青年部によって直径1メートルから2メートルほどのメークインのコロッケを作るイベントを行っています。今でこそメートル級のコロッケなどを作るイベントが各地で開かれていますが、その先駆けをなったのが厚沢部町なのです。旅行できても癒される観光スポットがあり、「うずら温泉」は、観光客に人気で田園風景の中にあり、温泉で癒されることができて、料理もいただくことができます。また、この料理がとても美味しく、有名ホテルで料理長を長年務めた料理長の作る中華料理は絶品です。名産品も多く有名なもので「メークイン」はとても有名です。その芋で作られたお酒で「じゃがいも焼酎」があります。さつまいもとメークインが原材料でやわらかな芋の香りとさらさらとした飲み口が特徴の焼酎です。ほかにも「銘菓あっさぶ」は、菓子工房の白あんにメークインを混ぜた焼き菓子でお土産としても根強い人気のある名産品です。メークインが名産の理由として、日本で初めてメークインの試作に取り組んだ場所で「メークインの発祥地」と呼ばれているからです。そのメークインを使ったお菓子やお酒などの名産品が多く、メークインの名産地としてたくさんの人から親しまれているのです。

厚沢部町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北海道厚沢部町のふるさと納税の返礼品の人気の品は、特産品である「メークイン」です。みんな好きなじゃがいもは、コロッケにしても煮物にしても炒めものにしても美味しくいただくことができるので料理を普段から好きで行う人におすすめです。「えぞまいたけの炊き込みごはんの素」は、素を入れて炊飯器で炊くだけで香りのよい炊き込みご飯をお家でいただくことができるので忙しいワーキングマザーなどに助かる一品です。お酒好きな人には、「焼酎のセット」です。数種類の焼酎を飲み比べることができます。

厚沢部町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からいただいたふるさと納税の寄付金は、「世界一素敵な過疎のまち」という掲げた目標に近づくために使用されています。使途を指名していない寄付金に関しては、ふるさとづくり基金を活用して使用させていただいています。例えば、生涯学習推進アドバイザーを配置したり、創造の翼中学生研修派遣事業に支援したり、あっさぶいいねのプロジェクトの推進に活用したりと町民が安心して安全に暮らせるように寄付金を充当しています。

北海道 厚沢部町の返礼品ページ

北海道 厚沢部町のホームページ
http://www.town.assabu.lg.jp/modules/admininfo/content0007.html