広島県 竹原市のふるさと納税のご紹介

広島県 竹原市のご紹介

竹原市は広島県の南中部にある市で、市の南側には瀬戸内海が広がっています。JR竹原駅あたりを中心に扇状に官公庁や商業地区が発展しており、港付近には港湾や工業地区、文化財が集中する寺院等が町並み保存地区に大別されており、漆喰の壁や長屋門の格子などが味わい深い雰囲気で、「安芸の小京都」とも呼ばれています。室町時代から港町として栄え、江戸時代の後期には製塩業も栄えた経緯もあり、2000年には国土交通省により町並地区は「都市景観100選」に選ばれています。観光地には竹取物語にちなんだ作品を展示している「かぐや姫美術館」や、瀬戸内海の島のひとつで、沖合から3㎞ほど離れた場所にある島で、野生のウサギがたくさん住んでいる「大久野島」があります。大久野島ではかつて毒ガスが製造されていたこともあり、製造所関連の施設が資料館として残されています。近年まで実際に製造工場として使われていた場所を工場見学者向けに展開している施設「アオハタジャムデッキ」があり、ジャムづくりなどの体験ができます。瀬戸内海を見渡せるデッキもあり、ゆったり過ごせます。また、賀茂川に沿った場所にある良質の温泉「湯坂温泉郷」もあり、全国から観光客も多く訪れています。宿泊施設も特産品には3件の古くから有名な蔵元が作る地酒や伝統工芸品の竹細工、ミネラル効果や脱臭効果のある竹炭、お風呂などに使う竹酢液などがあります。郷土料理には瀬戸内の魚をふんだんに使った「魚飯」や酒蔵の酒粕を練りこんだ生地が特徴のお好み焼き「たけはら焼き」などがあります。

竹原市がおすすめする人気の特産品・返礼品

広島県竹原市のふるさと納税返礼品には、竹原名産の品々がそろっています。おすすめは特産品「竹原の地酒」です。日本酒好きをうならせる個性派のものから、食事に合うものまで、さまざまな種類があり、飲み比べてみるのも楽しいです。竹原のまちを楽しめるホテル宿泊プランや竹焼塩づくりの体験宿泊などもあり、人気があります。江戸時代から310年もの間栄えた塩づくりを再現してとれた自然海水塩「たけはらの塩」も多くの方から好評です。ミネラル分の多い竹焼塩もあります。

竹原市のふるさと応援寄附金の使い道

広島県竹原市へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、お年寄りが安心して暮らせるための高齢社会に合わせた環境づくり、安心して子育てできる環境をつくるための子育て支援、次世代育成のための事業、竹原の自然や歴史、文化を生かした自然環境保全事業、町並み保存地区の景観保全事業、住みたくなるようなまちづくり事業など、市の魅力を高められる事業に活用されています。竹原市を応援してくれる皆様の気持ちをしっかりと活かしてくれます。

広島県 竹原市の返礼品ページ

広島県 竹原市のホームページ
http://www.city.takehara.lg.jp/zaisei/furusatonouzei/furusatonouzei_2_2_2.html