広島県 世羅町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

広島県 世羅町のご紹介

世羅町は広島県の中東部に位置する人口2万人弱の町です。平成16年に世羅郡の甲山町、世羅町、世羅西町の三町が合併し、新たにスタートをきりました。この合併により、世羅郡に属する自治体はこの町のみとなりました。歴史的にみると、この地域には縄文時代から古墳時代あたりの出土品や遺跡が数多く残っていますが、縄文以前のナウマン象が生きていたという痕跡も残っています。町は「世羅台地」と呼ばれる標高350m~450mの高原地域です。昼夜の寒暖差が大きく、太陽の恵みがいっぱい受けられるという高原の気候を生かした農業が盛んで、梨、りんご、ブドウなどの果物やアスパラ、キャベツなどの野菜、米などの一大産地として知られています。世羅町では地域の活性化を目指して、これらの農作物を育てるだけでなく、加工して販売までを行う6次産業のネットワークを町内に構築しています。野菜の収穫やフルーツ狩りなどが楽しめる体験型の果樹農園、花園、産地直売所、農畜産物の加工グループなど70あまりの団体が「町中が農村公園」を目指して活動しており、地元産のぶどうのワイナリーなども人気の観光スポットとなっています。広島空港までは車で約30分という場所にあり、さらに広島中央フライトロードの一部と尾道自動車道世羅ICが開通したことにより、都市部へのアクセスも向上しました。広島県内では比較的、台風等の災害や降雪量が少なく、日照量が安定していることから町内にはメガソーラー発電所が建設されています。

世羅町がおすすめする人気の特産品・返礼品

6次産業のネットワークが構築されている世羅町では、100%世羅町産のぶどうを使用した「せらワイン」や梨のジャムやゼリーなど、様々な特産品を加工したものが返礼品として、多くラインナップされています。梨の木のオーナー権や農家への民泊など町内で過ごせる体験プランもおすすめです。しかし、人気の品といえば、やはり肉です。世羅高原で穀物を与えて育てた世羅高原豚に辛味噌がセットになった詰め合わせや4等級以上の広島牛の希少な部位をすき焼き肉に加工した詰め合わせなど、好みに合わせて選ぶことができます。

世羅町のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で世羅町に寄せられた寄附金の使い道は、寄附した方の想いが尊重されます。地域環境の保全整備と定住、自治活動に関する事業、観光、商工業、農業等の振興に関する事業、教育、文化、芸術の振興に関する事業、子育て、福祉、保健及び医療に関する事業という4つの事業の中から、寄附した方が指定した事業に有効に活用されます。特に指定がない場合は、町をよりすみやすく、よりよくする目的でその都度必要な事業で使用されます。

広島県 世羅町の返礼品ページ

広島県 世羅町のホームページ
http://www.town.sera.hiroshima.jp