広島県 北広島町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/24

広島県 北広島町のご紹介

北広島町は、広島県の西北部に位置する人口約18,000人のまちで、町内には1000m級の山々が連なる西中国山地、北部は島根県とも隣接しています。古くから山陰と山陽を結ぶ中継地として栄えた北広島町は、かつて砂鉄の産地でもあったことから、町内には現在でも戦国武将の吉川氏や宝利氏の遺跡群が数多く残っています。

まちの催事『壬生の花田植』や『安芸のはやし田』が重要無形民俗文化財に指定されているなど田楽や神楽などの民俗芸能も代々受け継がれており、湿原やブナの森といった希少な自然とともに田園文化が息づくまちとなっています。また、豪雪地帯にも指定されており、過去にはマイナス28.0度という低温を観測したこともあるほか、標高774mの東八幡原では平年の降雪量が5mを超えるなど”西日本最寒の地”ともいわれる北広島町では、「芸北高原大佐スキー」や「やわたハイランド191リゾート」などスキー場も多く、毎年冬になると県内外からも多くのスキー客が訪れています。中でも1日に約1,420tもの雪を造りだすことのできる日本最大級の人口造雪設備のある西日本最大級のスノーパーク「ユートピアサイオト」では、バラエティー豊かなコース展開でスキーやスノーボードが楽しめるのはもちろんのこと、雪遊びやソリ遊びが楽しめる子ども向けゾーンもあり、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも思う存分楽しめるスポットとして人気となっています。

寒暖差の激しい地域ではありますが、水が美味しく、農業も盛んとなっており、寒暖差を利用した特産品も多く、厳しい寒暖差の中で育つ『大朝コシヒカリ』や、農家さんがひとつひとつ手作りしている『切り干し大根』はどちらも、甘みと旨みが噛みしめるほどに味わえます。

北広島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北広島町の返礼品の中でも特に人気が高いのが、その日に採れた新鮮な野菜の詰め合わせ「直送野菜おまかせパック」や、1日の寒暖差が大きい大朝産のお米が食べ比べできる「お米セット」ですが、『大朝まんじゅう』や『壬生饅頭』など北広島町の特産品の詰め合わせ「壬生の花田植セット」や、同じく北広島町の特産品である『大朝コシヒカリ』や『大麻うどん』などが味わえる「わさーるセット」も北広島町を代表する商品が楽しめる商品となっておりおすすめです。

北広島町のふるさと応援寄附金の使い道

北広島町へ皆様から寄せられたふるさと納税の寄附金は、「北広島町ふるさと基金」に積み立て、自然保全事業や、伝統文化を継承する事業、教育振興に関する事業に、定住促進事業の推進など北広島町のより魅力あるまちづくり実現のため、寄附者が希望する事業にて大切に使用されます。なお、寄附者が寄附金の使途に関して特に指定しない場合は、北広島町のふるさと寄附条例の目的を達成させるため、町長が必要と認める事業にて活用されます。

広島県 北広島町の返礼品ページ

広島県 北広島町のホームページ
http://www.town.kitahiroshima.lg.jp/kikakuka/furusatonouzei.html