群馬県 高崎市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

群馬県 高崎市のご紹介

高崎市は群馬県中部より、やや南西寄りに位置します。関東平野の北端にあり、夏は暑く、冬はからっ風が吹きすさび、寒いです。人口は約37万人程です。関越自動車道と北関東自動車道との分岐点、北陸新幹線と上越新幹線との分岐点もあるので、とても交通網は良いです。その為、遠方から県庁である前橋市に行くために、新幹線で高崎駅へ行き、そこから在来線で前橋駅まで向かう方が都合が良いです。そんな高崎と前橋ですが、県庁を巡って問題がありました。元々、高崎市に県庁があったのですが、良い建物が無く、前橋城を一時的に借り、いずれ県庁を戻す約束をしました。しかし、4年余りで前橋市が整い、県庁として申し分ない都市になると、このまま前橋市で良いとなり、今に至ります。そんな高崎市ですが、2007年より政令指定都市になるべく、合併も視野に入れたプロジェクトを進め、都市を再開発していきます。高崎だるまは有名で、全国80パーセントのシェアを持ちます。江戸時代には、だるまはその赤色が邪気を払うとされ、魔除けの意味合いがありました。だるまの顔には意味があり、眉は鶴のイメージを、髭には亀のイメージを施し、縁起を担いでいます。目の描き順ですが、向かって右側の左の目から塗ると良いとされていますが、実は順序に決まりは無いのです。眼入れは心の目の開眼を表現し、だるまに魂を入れる行為なので、どちらからでも良いのです。食べ物では、人口当たりのパスタ店が全国平均よりも多く人気です。毎年11月頃に市内のイタリア料理店等がパスタの味を競う「キングオブパスタ」を開催して、賑わっています。

高崎市がおすすめする人気の特産品・返礼品

人気がすごい返礼品ですが、梨やブドウ、桃が強いです。水はけの良い土地なので、おいしい果物がすくすく育っているのでしょう。おすすめの特産品は「はんでえ米」です。冷たくてキレイな山の水を使い、昼夜の寒暖差から甘みのある美味しいお米が出来ます。そのお米を約30日、はんでえ干ししたものがはんでえ米です。はんでえ干しとは、高崎市倉渕町から伝わる方法で、天日干しをしてお米にミネラルを増させる方法です。自然乾燥ですので、収穫量が少なく貴重です。

高崎市のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金は3つの使い道があります。高崎市のプロ、アマ、少年、スポーツ選手問わず、支援される「スポーツ支援」。大きく6つの計画に分けられる高崎市の計画である「高崎市第5次総合計画」。それは、「健康、福祉」、「教育、文化」、「環境、安全」、「産業、観光」、「都市、建設」、「地域、自治」の6つです。2017年にユネスコ世界の記憶に登録された上野三碑を保存し、高崎市の為に活用する為の「上野三碑保存活用に関する事業」があります。

群馬県 高崎市の返礼品ページ

群馬県 高崎市のホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121702034/

SNSでもご購読できます。