群馬県 昭和村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

群馬県 昭和村のご紹介

昭和村は赤城山の西北麓の裾野に位置し、沼田市や渋川市と隣接していて、沼田市からは車で約10分、渋川市からは約30分で行くことが出来ます。農産物は「やさい王国」と呼ばれるほどに野菜の栽培が盛んで、その中でも「こんにゃく芋」は生産量日本一を誇ります。昭和村の一大イベントとも言える「昭和の秋まつり」では7000人分のこんにゃく大鍋が振る舞われるのですが、地元で採れた野菜やこんにゃくを大鍋で煮込む様子はまさに圧巻です。そして、秋になると「こんにゃく収穫まつり」が「道の駅あぐりーむ昭和」で開催され、こんにゃく鍋汁プレゼントや餅つき大会などのイベントが行われます。同時に群馬県の業者が出店する「群馬のうまいもの市」も開催されるのでたくさんの人で賑わいます。ここでは名産品のレタスやこんにゃく芋、トウモロコシなど季節に合った野菜も購入出来ますし、春から冬まで野菜に関する様々なイベントが行われるので観光にピッタリの場所です。また、野菜だけでなく果物の栽培も盛んなまちです。昼と夜の寒暖差があるので甘くて美味しいリンゴを作るのに適していて、昭和村では「ふじりんご」や「陽光りんご」を育てています。群馬県で認定されているエコファーマーでフェロモン剤を使用して害虫被害の抑制をしたり、除草剤を使わないで狩り払い機で草刈りをするなど農薬を減らすリンゴ作りを心がけているので、安心して食べることが出来ます。他にもイチゴやさくらんぼ、ブルーベリーと色んな種類の果物があり、フルーツ狩りを楽しめます。

昭和村がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品であるこんにゃくが詰まった「昭和の蒟蒻セット」は、さしみこんにゃく、かみかみこんにゃく、生芋こんにゃく、こんにゃく焼きそば、豆腐こんにゃくと色々な形でこんにゃくを楽しむことが出来るので人気があります。また、野菜や果物が豊富な昭和村で行う「野菜収穫体験」や「りんご狩り体験」は、普段なかなかやれないような貴重な体験が出来ます。物での返礼品とはまた違った形ではありますが、昭和村をより身近に感じられるのでおすすめです。

昭和村のふるさと応援寄附金の使い道

皆様に頂いた大切な寄附金は下記の事業に活用してより良い村づくりを目指していきます。どの事業にするかは寄附者の方に決めて頂き、下記の中からお選びください。1教育・文化づくりに関する事業、活字離れが進まないための図書の充実や、伝統行事の保存に活用します。2健康・福祉づくりに関する事業、少子化対策のための支援や、住みやすい環境づくりに活用します。3自然・生活環境づくりに関する事業、道路整備や森林整備、河川整備など自然環境を守ることに活用します。4農業・産業振興づくりに関する事業、野菜作りの後継者育成に活用します。5その他、目的を達成するために村長が必要と認めた事業の5つの事業に利用させて頂きます。

群馬県 昭和村の返礼品ページ

群馬県 昭和村のホームページ
http://www.vill.showa.gunma.jp