群馬県 下仁田町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

群馬県 下仁田町のご紹介

下仁田町は群馬県の西南端に位置し、富岡市、安中市、藤岡市、甘楽群甘楽町、甘楽群南牧村、多野郡神流町、長野県佐久市、長野県北佐久群軽井沢町と隣接しています。富岡市へは車で約25分、安中市へは約20分で行けるほどの距離です。農産物では「下仁田ネギ」や「こんにゃく」の栽培がとても盛んで、味や品質がとても良く知名度も高いです。先ほど挙げた「下仁田ネギ」は歴史がとても長く、200年以上も前から栽培されています。他のネギに比べるとビタミンBやCがとても豊富なのと、ネギ特有のタンパク質や香辛料が3倍もあり栄養がたっぷり含まれています。煮たり焼いたりすると柔らかくなり甘味が出るのでとろけるような食感を味わえることが出来ます。また、「こんにゃく」はとてもデリケートで栽培が難しいと言われているのですが、山間で日照時間が短い、畑は山の斜面を利用していて水はけが良い、台風の被害が少ないなど、下仁田町は育てるための条件が揃っているため名産品の1つになりました。夏になると、こんにゃく手作り体験や冷やしこんにゃくのサービス、流しこんにゃくそうめんを楽しめる「下仁田こんにゃく夏祭り」があります。他にも花火の打ち上げ、盆踊り、御輿と盛りだくさんで毎年たくさんの人で賑わいます。秋には、紅葉を観ながら動物と触れ合える「神津荒船もみじ祭り」が神津牧場にて行われます。コップ牛乳無料配布、乳しぼり、バター作り、ポニー乗馬など牧場ならではのイベントを楽しむことが出来ます。

下仁田町がおすすめする人気の特産品・返礼品

ネギとこんにゃくが美味しいまちなので、「下仁田ねぎ」や「手作り生芋こんにゃく」は不動の人気を誇る特産品です。春にしか味わうことの出来ない「下仁田若ねぎ」、噛む力が弱くても舌の上で崩れてしまうくらいに柔らかい「ほろっと崩れるこんにゃく」、みそ漬けこんにゃくや粕漬けこんにゃくなどバラエティに富んだ「下仁田名物こんにゃくセット」とその種類は豊富です。また、神津牧場で育ったジャージー牛肉が入ったレトルト食品を詰め込んだ「神津ジャージービーフ」もおすすめの返礼品です。

下仁田町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂いた寄附金は、下仁田町をより良いまちにするために6つの事業に活用致します。下記の事業から、いずれか1つお選びください。1少子化対策事業,子どもたちが心豊かに成長でき、安心して子どもを育てられるような環境づくりに活用します。2まちづくり事業。活力溢れるまちづくりに活用します。3観光振興事業、時代に合った魅力のある観光地づくりに活用します。4環境保全事業。美しい山並みや渓流、妙義荒船佐久高原国定公園などの保全に活用します。5教育環境整備事業。教育環境の整備や学校教育の充実などに活用します。6世界遺産「荒船風穴」保存活用の6つの事業に利用させて頂きます。

群馬県 下仁田町の返礼品ページ

群馬県 下仁田町のホームページ
http://www.town.shimonita.lg.jp/furusato/m07/01.html