群馬県 太田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/18

群馬県 太田市のご紹介

太田市は、関東の北部に位置する、群馬県の南東部に存在し人口約22万人の市です。群馬県の中での人口は高崎市、前橋市に続き3番目に多い都市になっています。また施行時特例市に指定されているという特徴もあります。自動車メーカーであるスバルを市内に置き北関東では随一の工業都市となっています。

隣にある桐生市や栃木県の足利市と共に両毛地域を形成、1948年の市制施行時での区域は旧新田郡にあたります。その後の市町村合併によりの現在の市の領域は、旧山田郡と新田郡の区域によって構成されています。人口増加率は上昇の一途で県内でも有数の伸びとなっています。西側に隣り合う伊勢崎市は人口が約21万人と僅かの差で拮抗していますのが、両方の市で人口が増加しています。

太田市の歴史は古く、江田時代には日光例幣使街道の宿場町として栄えていました。その後現在の自動車メーカースバルの前身にあたる飛行機会社の企業城下町として発展してきた歴史があります。

地形の特徴として南に利根川、北東部に渡良瀬川が存在し、市全体として激しい高低差はありませんが中心部に223メートルの標高を持つ、「金山」が存在し、丘陵地帯の一部は八王子丘陵となっています。
また市の東側には薮塚温泉があります。その金山には歴史的な建造物が多数存在し観光スポットになっている他、富士重工業スバルビジターセンターや太田国際貨物ターミナルなどでの工場見学などのイベントも多数開催されています。

太田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

太田市で人気の返礼品は、利根川上流や渡良瀬川上流などきれいな水で獲れた新鮮な鰻を使用した「鰻の蒲焼き」のパックや、チーズのセットやウインナーやハムを詰め合わせた「グルメセット」などです。また特産品として名高い「ブリックスナイントマト」も有名で、糖度9度以上が品質のベースとなっているこの一品は、リピーターになる人もいるほど。その他にも東毛酪農で厳選された生乳を使用した「生乳アイスクリーム」のセット、中でもおすすめは群馬県を代表する特産品である大和芋は掘ったままの状態で送付が可能で、ご自宅でとろろや煮物など様々な調理法をお楽しみ頂ける一品です。

太田市のふるさと応援寄附金の使い道

太田市では寄付金を「太田市美術館・図書館」蔵書等購入事業に使用しています。「太田市美術館・図書館」は、美術館・図書館を併設する他にはない特色を生かすことと、地域の方々に利用して頂くことを考え「まちづくりプラットフォーム型」の施設として開館、設計にあたっては、ワークショップを開催し、設計者・専門家を交え市民の意見を聴きながら、施設のあり方を検討し設計に反映させてきました。その新図書館での蔵書購入に活用されます。

群馬県 太田市の返礼品ページ

群馬県 太田市のホームページ
http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0060-001chiiki-soumu/furusato-2015-1001-00.html