群馬県 みなかみ町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

群馬県 みなかみ町のご紹介

みなかみ町は群馬県の北端に位置し、県内最大の面積を誇ります。利根川の最上流地点であり、谷川岳は登山が盛んで、水上温泉や猿ヶ京温泉などの温泉が有名です。美しい自然や温泉、スキー場などが海外から注目されて、連日、多くの外国人旅行客が訪れています。その為、2017年にはユネスコエコパークに登録されました。ユネスコエコパークとは、自然や生物等の保護を実現しながらも、観光などに活かすことが出来ている地域を国連の専門機関であるユネスコが認定し登録されるものです。そんなみなかみ町には様々なアクティビティが楽しめます。橋や高い所から、足に安全装置のゴム紐を付けて飛び降りる「バンジージャンプ」、激流のしびきをその身に浴びながら下り降りる「ラフティング」、滝つぼへ飛び込んだり川を滑り落ちたりスリリングな「キャニオニング」、幅広いパラシュートで空を滑空して飛ぶ「パラグライダー」。ラフティングとボディボードを掛け合わせた水面スレスレの目線がスリル満点な「ハイドロスピードリパーブギ」、みなかみの山々をバギーで疾走する運転免許も不要の「4輪バギー」、雄大な自然に囲まれて川をゆったりと進む「カヌー、カヤック」、子供のみならず大人でも本気で木登りできハンモックも堪能出来る「ツリーイング」、洞窟を専用のスーツで探検でき温泉も入れる「ケイビング」、山道もスイスイこげてしまう自転車で野山を駆け巡る「マウンテンバイク」等々、体を動かしたくなるアクティビティが満載です。

みなかみ町がおすすめする人気の特産品・返礼品

人気の返礼品は果物のリンゴです。水はけが良く、寒暖の差が大きい土地では良いリンゴが育ちます。また、朝採り野菜のセットも人気で、リンゴ以外にも天候によって様々な果物や野菜をいただくことが出来ます。おすすめの特産品はまいたけです。みなかみ町のブランド品「すくよか」は、普通のまいたけよりも香りとうま味がギュッと詰まっていて美味しいです。面白いのが靴の中に入れるインソールもあります。アクティビティの時に使用すれば、足を保護出来ます。

みなかみ町のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金の使い道は平成28年度までは1つだけでしたが、現在は6つあります。町の資源を有効活用して産業を創出、運営する「産業振興に関する事業」。教育や子育ての支援補助を行う「子育て支援に関する事業」。遺跡や自然を保護、情報発信に努める「芸術、文化振興に関する事業」。みなかみ町の良いところを発掘し、アピールしていく「観光振興に関する事業」。生活基盤はしっかりと充実させながらも、自然や環境を保護していく「自然、環境に関する事業」。みなかみ町長に使い道を一任する「町長にお任せ」があります。

群馬県 みなかみ町の返礼品ページ

群馬県 みなかみ町のホームページ
http://www.town.minakami.gunma.jp