群馬県 明和町のふるさと納税のご紹介

 

群馬県 明和町のご紹介

群馬県明和町は、県内で最も東京に近いまちで交通の便もよく、比較的温暖なで過ごしやすいところです。城門時代から人が住んでいた町となっていて、縄文時代後期以降の出土品は特徴的なものが多く文化的に貴重なものばかり出土されました。江戸時代から続く「ささら舞」という伝統芸能は、天下泰平と五穀豊穣を願った舞でお囃子に合わせて3匹の獅子が太鼓を叩きながら舞う踊りで毎年7月に行われています。ほかにも「里神楽」も7月に行われる伝統芸能で、笛や太鼓やお囃子に合わせておかめとひょっとこが面白おかしく踊るのです。町とついている都市なのですが、財政はとても潤っていて、町を主に支えているのは、大規模な工業団地なのです。「ふるさとの広場」という場所は、平成5年にオープンした広場で、街中なのに水や緑と触れ合うことができます。中には、小高い丘やせせらぎなどもあって忙しい毎日を癒してくれるスポットで、家族や友人とピクニックをしたりゆっくり遊んだりする場所にはもってこいです。散歩道もあるので小さな子供連れでも安心してゆっくり過ごすことができます。この散歩道に咲く「桜並木路」は、7種類の桜が321本も植わっていて、春の桜の時期になると桜が咲き乱れてふるさとの広場を満開の桜が彩ってくれて春の風物詩を堪能することができます。B級グルメとして有名なのが、「焼きまんじゅう」です。おまんじゅうの表と裏に濃厚で甘めの味噌ダレを塗って焼き上げたもののことをいいます。焼きまんじゅうは、町民のソールフードでお店ごとに味が異なるので食べ比べをすることもできます。

明和町がおすすめする人気の特産品・返礼品

群馬県昭和町のおすすめするふるさと納税の返礼品は、たくさんあるのですが、寒い時期になると表れる特産品があります。「シクラメン」です。明和町のものは高く評価されていて人気で綺麗な咲き方が見る人を癒してくれます。「上州牛」と「上州豚」も人気で食べ盛りの子がいる家庭や良いお肉を食べたい人におすすめです。牛も豚も細かい管理で育てられていて、名産の麦を食べて育ったので肉質がキメ細やかであっさりとした風味を楽しむことができます。

明和町のふるさと応援寄附金の使い道

みなさまからいただいたふるさと納税の寄付金は、群馬県明和町のために主に3つの事業から選ぶことができます。1、駅周辺や町全体の活性化をはかるため企業誘致に力をいれたり、民間活力を行ったりする事業2、一般家庭の欲しい子供の人数が2人から3人でこの願いを叶えるために出産や育児への支援活動や子供が安心してくらせる街づくりの事業3、工業地帯があって地元で働く人が多いので空き家を活かした移住定住対策事業などに使われています。

群馬県 明和町の返礼品ページ

群馬県 明和町のホームページ
http://www.town.meiwa.gunma.jp/

SNSでもご購読できます。