群馬県 安中市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

群馬県 安中市のご紹介

群馬県安中市は南西部に位置する人口約6万人の市です。古くは東山道、江戸時代には中山道の宿場町として栄えた板鼻、安中、松井田、坂本があります。また江戸時代には、安中藩の城下町でした。現在も市内に新幹線の駅があり、高速道路のIC2カ所と立地条件に恵まれており、交通の要衝として栄えています。また温泉記号の発祥地である磯辺温泉があり、日本三奇勝のひとつである妙義山を望む碓氷川沿いに開けています。中山道を往来する旅人達、近くの住民で古くから賑わっていました。磯部の湯に清遊に訪れた書家や歌人による文学碑も残されています。8軒もの温泉旅館に日帰り温泉施設、足湯などがあり、泉質は含銅、鉄、ナトリウム、塩化物、炭水素塩強塩温泉です。夏頃には碓氷川のほとりで新鮮な鮎を使った料理も楽しめて、磯部せんべいという名産のお土産もあります。歴史的にも価値の高い碓氷関所跡やめがね橋として親しまれている碓氷第三橋梁や中山道沿いには江戸より変わらない安中原市の杉並木は、NHK大河ドラマ「八重の桜」に登場した新島襄のゆかりの地でもあります。他にも碓氷峠鉄道文化村は30両以上の鉄道車両を野外展示しており、子供に大人気の乗り物運行や鐵道資料館など子供から大人まで楽しめます。丸山変電所跡は、峠を行ったり来たりする列車に電力を供給するために建てられたレンガ造りの建築物で、国の重要文化財に指定されています。特産品には益子焼の土釜で炊いた釜飯や梅干し、醤油、味噌饅頭に力餅があり、伝統工芸の自性寺焼や絹製品があります。

安中市がおすすめする人気の特産品・返礼品

安中市の返礼品のおすすめは、特産品である梅干しやその梅から作られた梅酒、それに焼酎や日本酒です。銘酒飲み比べセットもありますし、焼酎は「安政遠足(あんせいとおあし)」という仮装マラソン大会のPRをする意味で商品化されたもので、「マラソン侍」と命名されています。まったりとマイルドな喉ごしです。梅酒は【TUKASA ZUTTO(つかさ ずっと)】群馬県産「白加賀梅」を丁寧に漬け込んだ梅酒で深いあじわいがあります。またNゲージダイキャストスケールモデルの鉄道模型などもあり、碓氷峠鉄道文化むらのオリジナル商品です。ネジで固定するとオリジナル鉄道ディスプレイができるというもので人気です。

安中市のふるさと応援寄附金の使い道

安中市の応援寄付金の用途は以下の6つから選ぶことができます。1碓氷峠鐵道文化むらについての事業 施設の保守、維持管理に関する事業 2安中市の元気を発信していく事業 マラソン発祥の地にちなんで、安政遠足を始めとした事業 3安中市の歴史、芸能文化を発信する事業 めがね橋のなどの歴史遺産や伝統文化の環境整備など 4安中市のいやし安らぎを発信する事業 温泉マークの発祥地、磯部温泉郷や秋間梅林など、貴重な観光資源の活用と環境整備事業 5指定しない 6寄付者が具体的に指定する事業 以上の6つの選択肢があります。

群馬県 安中市の返礼品ページ

群馬県 安中市のホームページ
http://www.city.annaka.gunma.jp/gyousei/soumu/kikaku/furusato.html