岐阜県 輪之内町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

岐阜県 輪之内町のご紹介

輪之内町は岐阜県の西部に位置する安八郡に属している町で、1954年に仁木村・福束村・大薮町と合併して発足しました。輪之内町は長良川と揖斐川に囲まれていることから輪の内として町名がつけられたそうです。農業が中心となっていて、町の特産品の中には「けんがい菊」があり、日本の約6割の生産を誇っています。けんがい菊とは菊を鉢植えし、横に出した約65cmの針金に這わせるように育てていきます。この鉢から垂れ下がるように一面に小菊がさくので懸崖菊と名付けられました。輪之内は農業体験が豊富でけんがい菊の農業体験も実施しています。その他、酒づくりの基本から学ぶことのできる酒米で日本酒づくり体験などもあります。おもしろい体験ができるので人気です。観光の名所となっているあじさいロードは地域住民がつくりあげた場所です。約20種類で6,000株以上あるあじさいを地域の人たちが大事に育てているあじさいロードは、シーズンになると見事に咲き誇り圧巻です。同じころには田んぼアートも見ごろとなっており、本戸輪中堤から田んぼをキャンパスにした見事なアートを楽しむことができます。輪之内の「本郷の水神様祭」は200年以上も続く伝統あるお祭りです。昔より付近の川が氾濫をおこしたり場所をかえたりと水災にあってきました。大博川は洗堰ができてからも川の流れを変え、毎年渕が深くなってゆき子供の水難事故が続きました。そのため小さな祠をつくりお祀りし、水難者の霊を弔うために108個の灯籠を川へ流しました。

輪之内町がおすすめする人気の特産品・返礼品

輪之内町の特産品「徳川将軍家御膳米」は人気の商品です。江戸時代初期からの米どころで、将軍家台所の米を作り続けてきました。米の品質の良さや管理の仕方が高い評価をされブランド米として名づけられました。江戸時代の記録を頼りに地下水だけを使って栽培しているので安心して頂けます。徳川将軍家御膳米を100%使用した「徳川将軍家御膳酒」はフルーティな味わいとよい香りが特徴の特別純米酒です。お米とお酒がセットになっているものがおすすめの返礼品となっています。

輪之内町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂いた寄附金は次のコースから選んで頂き活用させていただきます。子育て世代や高齢者、障がいをお持ちの方にやさしいまちづくり、自然環境の保守や災害に強いまちづくり、青少年の健やかな成長と教育環境づくり、町民が働きやすいまちづくり、文化の継承・保護、スポーツ振興の内容より選んでいただきます。特に指定の無い場合は町長におまかせを選んでいただき、目的達成のために町長が責任をもって活用させていただきます。

岐阜県 輪之内町の返礼品ページ

岐阜県 輪之内町のホームページ
http://town.wanouchi.gifu.jp/organization/finance/furusato/