福島県 天栄村のふるさと納税のご紹介

 

福島県 天栄村のご紹介

天栄村は福島県中央南部、岩瀬郡に位置する村です。天狗伝説の伝わる妙見山や河童物語の残る釈迦堂川などがあり、その光景は日本人の心にノスタルジックな感情を呼び起こします。古き良き日本の原風景を見ることができる、自然豊かな村です。北は郡山市・会津若松市、東は鏡石町、西は下郷町、南は白河市・西郷村に接しています。225.52平方キロメートルの面積に約5500人の人口を有しています。東北新幹線の停車駅である新白河駅から30分ほどの距離にあり、郡山市や会津若松市といった市との行き来もスムーズです。福島空港からも約20キロと程近く、関西方面からの訪問にも便利です。村のシンボルは周囲約16キロに及ぶ羽鳥湖です。約60年前に水不足を解消するために造られた人口湖ですが、現在では周辺にサイクリングロードやキャンプ場などが配備され、観光スポットとしても親しまれています。また天栄は名湯の地としても名高く、湯本温泉、二岐温泉、天栄温泉など、数々の温泉が楽しめます。都会の喧騒を離れ、湯治に訪れる人も少なくありません。産業面では天栄ヤーコンの開発に村を挙げて取り組んでおり、天栄米や天栄長ネギなどに続く新たな特産品として定着しつつあります。ヤーコンとはアンデス高原原産のキク科の作物で、ほのかな甘みとシャクシャクとした瑞々しい食感が特徴の野菜です。フラクトオリゴ糖や食物繊維を多く含んでいるため、虫歯防止、整胃・整腸など、さまざまな健康作用が期待できるとされています。この健康野菜ヤーコンを広めようと、村ではヤーコンを使った料理コンテストを開催するなどして積極的にその魅力をPRしています。他に揚げ饅頭や酒饅頭なども村の名産品として有名です。

天栄村がおすすめする人気の特産品・返礼品

村の特産品でもある「天栄米」が人気です。こだわりの栽培法で作られたコシヒカリはぜひ一度は味わっていただきたい逸品です。他にくだもの王国福島を象徴するような「りんごじゅうす」や、地元で愛されている5種類の調味料を詰め合わせた「味噌・醤油セット」なども人気となっています。おすすめしたいのは「野菜詰め合わせ」で、長ネギやヤーコンを中心に旬の野菜をたっぷり詰め込んだ贅沢な返礼品です。がっつり肉食派という方のために、福島の名産品「福島牛」も用意されています。サーロインやすき焼きなど、用途から選ぶことも可能です。

天栄村のふるさと応援寄附金の使い道

天栄村では頂いた応援寄付金を「がんばれ天栄!応援寄附金」として、村のさまざまな事業のために有効に活用させていただきます。寄付の際、使途を指定していただくことが可能です。特に応援したいと感じる事業をお選びいただき、実現に向けてご協力ください。指定可能な事業は以下の5つです。1.将来を担う人材の育成事業2.産業の振興事業3.里山の環境保全事業4.保健・福祉事業の充実化5.その他、村政全般(村長に委任)の中からお選び頂けます。

福島県 天栄村の返礼品ページ

福島県 天栄村のホームページ
http://www.vill.tenei.fukushima.jp/soshiki/35/ganbareteneiouenkihukin.html

SNSでもご購読できます。