福島県 田村市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/05

福島県 田村市のご紹介

田村市は福島県中部、中通り地方の東部に位置する市です。日山や移ヶ岳などの阿武隈山系が市の南北を貫くように走り、これらの山岳を源とする大滝根川や高瀬川などが流れています。北は二本松市、東は浪江町・大熊町、西は郡山市、南はいわき市などの市町村と接しており、人口は約3万7,000人です。郡山市から約30キロと程近く、郡山駅に停車する東北新幹線などを利用して訪れることができます。最寄り空港は福島空港で、空港から市中までは県道141号線経由で50分ほどです。自然由来の観光資源が豊富で、滝根地区には8,000万年の歴史を持つ鍾乳洞・あぶくま洞があります。地下水の溶食作用によって創り上げられた自然美が約600メートルにわたって続き、訪れる人を神秘の世界へ誘います。洞内最大のホール「滝根御殿」は天井高約30メートルにも達する大空洞で、クリスタルカーテンや洞穴サンゴなどの貴重な鍾乳石を間近に眺めることができます。一年を通して気温が15度前後に保たれていることも特徴の一つで、冬季でも寒さを気にすることなく観光が可能です。また阿武隈高原は星が美しいことでも有名であり、市ではあぶくま洞周辺を「星の村」として位置付けています。その中心施設・星の村天文台は65センチの大口径の天体望遠鏡設備を備え、さまざまな天文現象を仔細に観察することができます。付近には星の村ふれあい館などの宿泊施設もあり、遠方からの観光にも便利です。市の特産品には各種野菜や米の他、エゴマや山ぶどうなどがあります。それらを加工して作ったエゴマ油やエゴマうどん、練じゅうねん、山ぶどうジャムなども市が誇る名産品です。また、船引地区のハム工房都路で作られるハムやソーセージはドイツ農業協会協議会で金賞を受賞したこともある自慢の逸品です。これらの食品はおおごえふるさと館やふねひきアンテナショップなどで買い求めることができます。

田村市がおすすめする人気の特産品・返礼品

市の名産品でもあるハム工房都路の商品セットが人気です。「ハム・ソーセージセット」や「ベーコン詰め合わせ」など種類で選べるものから、「辛くないソーセージセット」などテイストで選べるものまで、豊富なラインナップです。田村市産のお米・ひとめぼれと季節の野菜をセットにした「お米と採れたて野菜セット」も田村の特産品を堪能できるおすすめの返礼品です。ユニークな返礼品としては、カブトムシ自然観察園が提供する「カブトムシ幼虫観察セット」があります。子どもの夏休みの自由研究などにもってこいのキットです。

田村市のふるさと応援寄附金の使い道

田村市では頂いた応援寄付金を、未来ある子どもたちのため、豊かな自然を守るため、郷土の基盤づくりのため、有効に活用をさせていただきます。寄付の際、特に応援したいと感じる事業をお選びいただき、実現に向けてご協力ください。選択可能な使途は以下の3つです。1.保育料の軽減やファミリーサポート組織の育成など、子育て支援事業の充実化2.資源回収活動の支援や省エネルギー推進など、環境保全事業3.地元ブランドの強化や産品開発など、地域活性化事業などがあります。

福島県 田村市の返礼品ページ

福島県 田村市のホームページ
http://www.city.tamura.lg.jp/soshiki/3/furusato-nozei.html