福島県 鮫川村のふるさと納税のご紹介

福島県 鮫川村のご紹介

福島県の鮫川村は、県南部の阿武隈高地に位置し、高さ約400mから700mの山間部に農地や居住地が点々と構えています。気候は、ひんやり涼しいが冬の降雪量は少なく比較的過ごしやすい地域です。村の人口は約3900人、車を利用し白河市まで約45分、郡山市やいわき市までは約1時間となり、福島市は約2時間となります。周辺の交通網は、東北自動車道や常磐自動車道、新幹線、空港がありアクセス良好なエリアです。村では、以前より隣接都市間との交流を基軸に、農業や観光を中心とした産業振興に力を入れてきました。特に一番おおもととなる農業は、水田栽培をメインに酪農や季節野菜などを組み込んだ形態で経営している農家が多いようです。鮫川村として強化栽培している農作物は大豆やエゴマであり、豆腐に味噌、納豆等の大豆加工品の製造と販売を村の活性化事業に位置付け、推進しています。一方、阿武隈台地など豊かな自然に囲まれている村は、長閑な里山の景観の中、清らかな水と澄みわたる空、都会では見られない動植物が生息するとても素晴らしい環境が特徴です。この自然環境下、低農薬と減化学肥料による自然にこだわった栽培により安心安全な農作物の生産に村を挙げて取り組んでいます。代表は、村の特産大豆であるふくいぶきやエゴマです。その他、石田味噌やエゴマ油、エゴママドレッシングといった加工品が知られています。人気の観光名所は、鹿角平観光牧場や鹿角平天文台が挙げられます。県の緑100選にも認定されている大草原と絶好の天空観測のスポットです。

鮫川村がおすすめする人気の特産品・返礼品

鮫川村の有名な特産品は、大豆のふくいぶきやエゴマ油となります。特に、自然に近い栽培にこだわり生まれた逸品です。その大豆をベースに、村独自の製法により製造された達者の味噌、油揚げはおすすめです。また、鮫川産純度100%のエゴマ油やエゴマのドレッシングは健康志向から大変、人気となっています。ふるさと納税寄附金への返礼品も、鮫川村産の農産物が幅広くセレクトされています。村の農産物加工販売所で品揃えされている旬の野菜や果物、人気の大豆加工品、エゴマ油やエゴマドレッシング等が寄附金コース別に詰め合せされ届けられます。

鮫川村のふるさと応援寄附金の使い道

鮫川村に寄せられたふるさと納税寄附金をベースにした主な取組みは、まず、村の重要な農業を更に発展させる取組みに活かしています。製造加工された商品の販路拡大や生産者のサポートです。そして、農業の土台となる豊かな自然を守っていく保全活動にはヒト、モノ、カネの総合的な取組みが必要となり、発生する経費の補助に役立てています。また、教育や福祉面では、やはり学校現場の環境を整えるべく施設管理や改修を助成し、福祉は高齢者の健康サポート活動に充当されています。

福島県 鮫川村の返礼品ページ

福島県 鮫川村のホームページ
http://www.vill.samegawa.fukushima.jp/page/dir000049.html