福島県 西会津町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/02

福島県 西会津町のご紹介

福島県耶麻郡西会津町は、県の西部に位置しており、人口は約6500人です。車だと東京から約4時間、新潟からだと約1時間の距離です。新潟県と隣接していて、県境にある飯豊山地には、三国岳を擁する山々を眺めることができ登山を楽しむこともできます。町内には、大山ずみ(漢字はしめすへんに氏)神社があり、一生に一度は「なじょな願いも聞きなさる」(どんな願いでもきいてくださる)という大久保の山の神様が祀られています。毎年6月に1か月間にわたって行われる春の例大祭には、県内や新潟県などからも多くの参拝客が訪れます。鳥追観音妙法寺は、会津の西方浄土として創建されたとされる観音霊場です。中には、隠れ三猿があり、全部探すことのできた参拝者には、福をさずけるという言い伝えがあることで知られています。また最近では、平成16年に開村した「西会津国際芸術村」があります。廃校となった木造校舎を利用し、海外などから芸術家を招いてアトリエとして活用してもらう一方、国際交流などの拠点として作られました。ギャラリーや版画、陶芸のワークショップなどがある他、ジャズコンサートや講演会なども開催されています。特産品としては、ミネラル分が豊富な土壌で栽培された野菜をミネラル野菜と称し、こだわりの健康素材として生産されています。このミネラル野菜を使ったバーガーやスイーツもあります。また、京都の人形師の技術から習得したとされる西会津張り子も特産品として知られています。

西会津町がおすすめする人気の特産品・返礼品

西会津町の取り組みの中でも、特色のある「ミネラル野菜」と「ミネラル米」の特産品セットが返礼品として送られ、人気があります。また、合わせてお礼状も一緒に送られます。寄付金の額が大きくなると、ミネラル米と地酒や民芸品のセットや、ミネラル米とキノコ(しいたけ、なめこ、きくらげなど)や桐工芸品とのセットもあり、おすすめです。他にも、地元の温泉施設で使える宿泊券や体験プログラムがセットになったものもあります。

西会津町のふるさと応援寄附金の使い道

西会津町を応援したい、と考えている方がおられましたら、是非、ふるさと納税をお願い致します。みなさまからいただいた寄付金は、以下の項目の中から希望するものをご指定していただき、西会津町のために大切に活用させて頂きます。1.子育て応援事業、2.地域活性化応援事業、3.健康づくり応援事業、4.自然環境保全応援事業、5.目的達成のために町長が必要と認めた事業(町政全般に対する寄付)の5事業となっております。

福島県 西会津町の返礼品ページ

福島県 西会津町のホームページ
https://www.town.nishiaizu.fukushima.jp/soshiki/1/16.html