福島県 三春町のふるさと納税のご紹介

福島県 三春町のご紹介

福島県田村郡三春町は、県のほぼ中央部に位置している比較的小さな町で、人口は約1万8,000人です。郡山市と隣接していて、東北新幹線郡山駅で乗り換えて三春駅まで約13分の距離です。車でも郡山市からは約20分で、東京からだと約3時間の距離になります。町のほとんどは標高300から500mの丘陵地にあり、ゆるやかな山並みのところに町があります。冬も積雪は比較的少なく、夏も涼しく過ごすことができます。町内には、国の天然記念物の指定を受けている三春滝桜があります。日本三大桜のひとつでもあるベニシダレザクラの名木で、その四方に広がった枝から無数の薄紅色の桜の花が咲き乱れ滝のように流れ落ちる様子から「滝桜」と名付けられたそうです。夜にはライトアップも行われ、春には昼夜にかけて多くの観光客が訪れるスポットとなっています。また、さくら名所100選にも選ばれています。三春町では、毎年1月になると「三春だるま市」が開催されます。だるまだけではなく、その他の縁起物を買い求める人々で通りが賑わいます。保存会の方々による「三春太鼓」や、高柴デコ屋敷の方々による「ひょっとこ祝い踊り」を見ることもできます。町の特産品でもある「三春駒」は、一寸大の馬型の木彫りが原型で、子育てのお守りとされています。今では、日本三大駒のひとつとして観光客へのお土産としても人気があります。他にも江戸時代から幕府の献上品にもなっていた「三春索麺」や、季節ごとに様々な味噌を油揚げにのせた「三角油揚げ」などがあります。

三春町がおすすめする人気の特産品・返礼品

ふるさと納税でいただける返礼品として、三春町で作られる白米や、白米と一緒に地元産の新鮮で旬な野菜の詰め合わせがセットになったものが人気です。他にも、白米ではなく、野菜と地元で作られるお菓子の詰め合わせセットや、野菜と地元のお酒のセットなど三春町の特産品を楽しめることができておすすめです。また、三春町の特産品でもある、「三春索麺」の詰め合わせと民芸品がセットになったものなどもあり、三春町の伝統文化を味わえる返礼品もあります。

三春町のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税を通じていただいた寄付金は、以下の事業から使い道を選択していただくことができます。三春町の川や山など自然環境の保全への活用、三春町の少子化対策、青少年育成、子育て支援への活用、三春町の保健・福祉・医療の充実にむけての活用、三春町の観光・商工業・農林業の振興への活用、三春滝桜の保護、周辺整備に活用いたします。その他にも、使い道を特定しない「おまかせ」があり、指定がない場合は必要な事業へ活用させていただきます。

福島県 三春町の返礼品ページ

福島県 三春町のホームページ
http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/2/01-furusatonozei-htm.html