福島県 国見町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/02

 

福島県 国見町のご紹介

国見町は、福島県の最北端にある町で、コシヒカリと桃の農業を盛んに行っています。人口は、約1万人の人が暮らしていてたくさんの史跡を楽しむことができて「義経のゆかりの町」とも言われています。年間の平均気温は、13度くらいで内陸地型の気候で寒暖差が比較的ある土地なのです。たくさんの特産品がある国見町は、毎年5月5日のこどもの日に観月台公園に集められて農業市が開かれて美味しい名産を購入しようとする観光客で賑わっているのです。源義経にまつわる伝説が継承される土地なので毎年9月23日(くにみの日)には、「義経まつり」が行われています。メインには、「義経公行列」が行われてたくさんの町民が甲冑などを着て町を練り歩く姿は圧巻です。毎年3月には「くにみ春のフードフェスタ」というお祭りがあり、食の祭典なので美味しい郷土料理や地元の自慢の一品を楽しむことができます。最近できた観光地は、平成29年5月3日に「道の駅国見あつかしの郷」ができて地元の農作物を使ったグルメに舌鼓することができたり、子供が遊ぶ場所があったりと家族連れで1日過ごすことができます。果物の生産が盛んなのでたくさんの美味しい果物があります。「桃」は、寒暖差のある土地で育っているので甘いのです。桃よりも栽培の歴史が古いのが「りんご」で、ジューシーで優しい果肉や蜜が多いことが特徴です。盆地特有の気候がりんごを赤く甘く育てることができるので美味しいりんごを食べることができるのです。

国見町がおすすめする人気の特産品・返礼品

福島県国見町の返礼品で人気がるのは、特産品である「桃」や「お米」です。桃は、人気の品種「あかつき」で肉質が綿密で甘みが強いのが特徴な果物です。お米好きな人におすすめの「天のつぶ」はお米の銘柄で炊き上がりの香りがよくてしっかりとした食感を楽しむことができます。その味はコシヒカリやひとめぼれにも匹敵するほどなのです。「あんぽ柿」は、福島県伊達地方が発祥の地で美しいあめ色の見た目にゼリーのようなとろっとした食感、上品な甘さが特徴です。種がないので食べやすいのも特徴のひとつです。

国見町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からいただいたふるさと納税の寄付金は、「国見ふるさと振興基金」に積み立てられ国見町の振興や活性化に活用されています。主に4つの事業から使途を選択することができます。1.町民が安心して住むことができるように安心で安全な町づくり事業、2.子育て世代が安心して無理なく子育てできるように子育て支援事業、3.長生きできるように健康増進事業、4.町が元気に活性化するように元気なまちづくり事業などです。使途の選択に迷った場合には、町に一任して任せることができます。

福島県 国見町の返礼品ページ

福島県 国見町のホームページ
http://www.town.kunimi.fukushima.jp/soshiki/1/8.html