福島県 いわき市のふるさと納税のご紹介

福島県 いわき市のご紹介

福島県いわき市は、福島県の浜通りの南部にある都市で、県内では1231平方キロメートルの最大の面積と340000万人の人口を持っています。2011年3月11日の東日本大震災では震度6弱を観測しました。死者行方不明者18000人以上、家屋の全壊半壊は40万戸以上と大きな被害が出ました。福島第一原子力発電所の事故もあり一時は15万人が避難しました。これは人工の半分近くになります。その後ほとんどの人がいわき市に戻りましたが、7000人くらいは転出しました。東京駅から常磐線の特急で約2時間30分、東北新幹線で東京から郡山駅まで行きそこで常磐東線に乗り換えていわき市まで行くことができます。高速道路では仙台や東京から常磐自動車道で約2時間、新潟から磐越自動車道で約3時間で行くことができます。福島空港からか車で約1時間30分です。名産品ではイチゴが有名で「ふくはる香」「とちおとめ」の生産が盛んです。他にはウニの貝焼きやヒメカリという魚が有名です。平地区の塩屋埼東大には美空ひばりの遺影碑があります。スパリゾートハワイアンズという大型商業施設があり、温水プールやホテルがあります。フラガールによる公演がほぼ毎日あります。映画にもなったことがあり、観光地として、いわきの顔として頑張っています。東北地方ですが、雪が降るのは年に1回から2回程度でいわきの人たちはあまり雪に慣れていません。雪の中での歩き方や車の運転に困ることがしばしばです。

いわき市がおすすめする人気の特産品・返礼品

おすすめなのがアンダーアーマーのトレーニングセットです。金額にもよりますが納税金額が高いとアンダーアーマーのトレーニングセットが返礼品となっています。パンツやジャケットなど10点入っています。納税額が約10万円ならトレーニング6点セットです。申し込みの時にサイズの記入の必要があります。5万円前後の納税でも大型のバックの返礼品があります。納税額1万円以上で特産品である海鮮セットや刺身セット、魚介の加工品があります。魚介類やトレーニングウェア以外になりますとクレラップが人気あります。毎日使う生活必需品です。

いわき市のふるさと応援寄附金の使い道

いわき市では、中心部の活性化・山間地域の活性化・地域経済と産業の創出・新病院の建設・スポーツでの地域ブランディング・子育て教育の発展・市民のための環境作りのために活用されます。選択肢が決められない方は市長にお任せするという方法もあります。この中から自分でどれに使ってもらいたいか選択することができます。いわき市はまだまだ東日本大震災から復興の最中です。直接復興に携わらなくてもふるさと納税するだけでも震災の復興に携わることになります。

福島県 いわき市の返礼品ページ

福島県 いわき市のホームページ
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1476319542941/index.html