福島県 伊達市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

福島県 伊達市のご紹介

福島県の北部に位置している伊達市は、福島市の北東に隣接し、東には阿武隈山系の霊山、西は吾妻連峰、北は宮城県境の山々を望むことができる福島盆地の中に存在しています。人口は60,853人で、アクセス方法は、福島方面から阿武隈急行使用で福島駅から大泉駅で約30分、仙台方面から東北本線と阿武隈急行使用で約90分となっています。2006年に近隣にある5町が合併したことで誕生した新しい市となります。しかし歴史は古く、伊達氏発祥の地としても知られており、江戸時代以降には養蚕業の町として発展しており、蚕商品の名産品も多く揃っています。歴史に触れることができる観光名所もあり、伊達家の初代当主である伊達朝宗が居住の館を構えていた「高子岡館跡」や室町時代の伊達市の本拠地となった城跡「梁川城跡」、伊達氏縁の神社「梁川八幡神社」などの、約400年の間伊達地方を本拠地として勢力拡大をしていた伊達氏の風情が漂う史跡が多く残されています。その他にも7月上旬には約1万本が咲き誇る「くぼたあじさい園」や紅葉シーズンには錦絵を思わせる、日本百景にも選出されている標高825mの「霊山」など、自然を感じることができる観光名所にも恵まれています。名産品には果物があり、全国有数の桃の産地であり、寒暖差が激しい盆地の気候を活かして甘い「モモ」がなることで有名です。また、梁川町五十沢地区で発祥した干し柿の「あんぽ柿」、福島の中でも生産量第1位の「イチゴ」があります。

伊達市がおすすめする人気の特産品・返礼品

不思議な色と輝きだけでなく、先天的に紫外線を防ぐ成分が含まれている、繊維のダイアモンドと称される天蚕糸を使用した「ショール」や「ハンドバック」さらに天蚕とふい絹を組み合わせた「ショール」が人気となっています。またおすすめの返礼品は、伊達市産の特産品である「桃」を季節に応じて代表的な品種を送付する「伊達市の桃フルコース」、桃ジュースやりょうぜん漬、伊達鶏カレーといった伊達市の名産品を詰め合わせた「特産品詰合せ」となっています。

伊達市のふるさと応援寄附金の使い道

貴重な地球資源を未来に継承していくための事業に活用させて頂きます。まず地域の個性を活かした町づくりの推進や生活安全体制の強化に使用する、ともに紡ぐ協働の町づくり、子どもの健やかなる育ちと子育て支援の充実、「生きる力」を育てる学校教育の充実や文化財の保護に使用する、豊かな心を育む町づくり、農林業の振興並びに担い手の育成に使用する、地域の魅力が輝く町づくり、支え合う福祉の充実に使用する、心寄り添う健やかな町づくり、快適な生活環境の形成に使用する、自然と調和して快適で住みよい町づくり、放射線情報を把握し安全を確立する、放射線を克服する町です。

福島県 伊達市の返礼品ページ

福島県 伊達市のホームページ
http://www.city.fukushima-date.lg.jp/soshiki/20/733.html

SNSでもご購読できます。