福岡県 田川市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

福岡県 田川市のご紹介

田川市は九州福岡県のほぼ中央部に位置する人口約48千人の市で、筑豊地方にあって田川地区の中心都市であると同時に飯塚市や直方市と並んで筑豊三都と呼ばれています。かつて 筑豊最大の炭鉱都で炭坑節の発祥地として知られており、こうした歴史を活かしたまちづくりを推進しています。産業面では鉱工業・製造業・商業が主で、市内には工業団地もあり企業誘致が進められています。石炭産業と並んでセメント産業によって近代の田川が支えられてきましたが、今でもセメント産業は健在で西部の船尾山では石灰石の採掘が見られます。交通アクセスは空路では北九州空港・福岡空港が最寄りの空港となります。福岡市や北九州市への長距離バスがあり特急・急行・直行などが走っています。市の特産品といえば「さのよい酔ひ」の焼酎や羊羹の「黒ダイヤ」です。石炭のことを黒いダイヤといったことに由来した命名です。さらに“白いダイヤ”という石灰石をモチーフにした羊羹もあり、さらに炭鉱にちなんだ「ぼたやまクッキー・ぼたやまあんぱん」などというスイーツもあります。観光名所は石炭と炭鉱で発展してきた町らしいスポットが数多くあります。「田川市石炭・歴史博物館」は代表的な例で、館内には1万5千点の石炭資料のほか、日本最古の埴輪や古墳時代の武器や新羅系瓦などの貴重な考古資料・歴史資料が展示されています。炭坑記録画や記録文書なども見逃せない世界記憶遺産です。そして歴史ある神社「春日神社」、市を象徴する「田川市石炭記念公園」などがあります。祭事には福岡県五大祭りの一つで福岡県指定無形民俗文化財登録され、今日まで450年以上も続いている伝統的な風治八幡宮の「川渡り神幸祭」があります。

田川市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品としておすすめなのはまず特産品の羊羹で67年前から販売され九州銘菓として永く愛されて人気の「黒ダイヤ」です。 黒ダイヤとは石炭のことで筑豊地区に隆盛であった石炭産業にあやかった逸品です。また白羊羹の「白ダイヤ」もあります。白ダイヤとは「ひと山、ふた山、み山越え…」と炭坑節にも歌われた香春岳で採掘された石灰石の白をイメージしています。いずれも田川の人気定番土産です。さらに「田川ホルモン鍋セット」があります。肉体労働の炭鉱夫が体力を維持するため好んで食したといわれる田川の伝統的な郷土料理のホルモンはコラーゲンもたっぷり、鍋に入れるだけで美味を堪能できます。

田川市のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金の使途は次の5つの事項です。1都市機能の整備・市民の利便性を高める公共交通機関の整備、市街地の道路整備など都市としての機能向上など、2産業と経済の振興・新しい産業の創出および創業への支援、中小企業を応援し地域産業の活性化と安定雇用促進など、3子育て支援・医療・福祉の充実・子育てクーポン券の支給など育児支援活動、障害者への医療費給付などの障害援護・福祉活動、高齢化社会に対応した福祉サービスの展開など、4学力向上と文化振興・学校教育と就学前教育の充実、生涯学習活動が可能な環境の整備、ユネスコ世界遺の良好なる保存と活用など、5その他市長判断による事項などに活用させていただきます。

福岡県 田川市の返礼品ページ

福岡県 田川市のホームページ
http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/list00881.html

SNSでもご購読できます。