福岡県 新宮町のふるさと納税のご紹介

福岡県 新宮町のご紹介

新宮町は、福岡県の北西部に位置しており、北は北九州市、南は福岡市の間にある、人口およそ3万人の町です。博多駅からJR新宮中央駅までは普通列車で約25分、九州自動車道からは、古賀ICよりアクセス出来ます。また、町内を一律100円、区間無制限で移動できるコミュニティバス「マリンクス」が運行し、多くの人に利用されています。町の東部、久山町との境に位置する立花山は、戦国時代の名将、立花道雪の居城跡として知られています。標高367メートルで、山頂付近には樹齢300年の大クスノキやナギの大樹が連なり、春は新緑、秋には素晴らしい紅葉を楽しむことが出来ます。山頂から見渡せる玄界灘や博多湾を一望する景色は絶景スポットとなっています。比較的ゆるやかな傾斜なこともあり、手軽な散策コースとして、休日には家族連れや多くの人で賑わい、親しまれています。新宮漁港から北西におよそ7.5キロメートル、町営渡船「しんぐう」で17分程の海上には、相島(あいのしま)があります。貴重な遺跡や文化遺産のある、歴史ある島であると共に、豊かな自然の中でたくさんの猫たちがのんびりと暮らす「猫の楽園」として、世界中から観光客が訪れています。町の主な産業は農業と漁業であり、福岡のブランドいちご「あまおう」や、立花地域で太陽をたっぷり浴びて育った「立花みかん」は甘くて人気があります。玄界灘で獲れる海産物は、地元加工場でかまぼこや干物などに加工され、町の代表的な特産品となっています。福岡市に隣接し、便利な生活環境が整っていながら、海と山に囲まれた豊かな自然にも恵まれ、調和のとれた魅力的な町です。

新宮町がおすすめする人気の特産品・返礼品

新宮町の特産品でもある、「あまおう」が人気ですが、「阿部養蜂場」で生産された、貴重な国産の「れんげ蜂蜜」、醤油、白みそ、辛みそ、明太子等好みの味が選べる「もつ鍋セット」、温暖な気候の立花地区で丁寧に育てられた「立花みかん」、高糖度で程よく酸味もあり、ジューシーな「デコポン」も人気の返礼品です。玄界灘で水揚げされた新鮮な魚の「干物セット」、旨みの濃い「博多あごだし」、福岡県民のソウルフード「マルタイラーメン詰め合わせ」等もおすすめの返礼品です。

新宮町のふるさと応援寄附金の使い道

福岡県新宮町へふるさと納税で頂いた皆様からの寄付金は基金として積み立て、次にあげる5つの事業に活用させて頂き、まちづくりを進めています。1.子育てや教育の充実に関する事業、2.健康増進、福祉の充実に関する事業、3.自然環境の保全や、生活環境の充実に関する事業、4.地域振興に関する事業、5.町長が必要と認める事業、以上の事業に大切に使わせて頂き、「人が輝き快適に暮らせる元気な町新宮」を将来像に掲げ、まちづくりを進めて参ります。

福岡県 新宮町の返礼品ページ

福岡県 新宮町のホームページ
http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/52,0,328,300,html